ブラジル日本文化福祉協会

pavilhaohome edificiohome museuhome kokushikan blibliotecaacervo bunkyonethome

第 19 回『コロニア今昔物語』

mizuno ryuブラジル日本移民史料館では昨年 11 月より今月末まで水野龍をテーマとする企画展を開催しています。サンパウロ人文科学研究所ではそのフィナーレを飾るものとして移民史料館と共催にて水野龍にまつわる講演会を計画いたしました。

講演会は前半と後半に分かれており、第一部は、大浦文雄氏にお話しいただきます。1970 年にブラジルで初めてと思われる水野龍に関する企画展がスザノ市で開かれました。大浦氏はその開催に関わられ、その際水野の記憶をコロニアの中央に残すという悲願を持たれたそうです。それから 46 年以上が過ぎ、今回の史料館の企画展実現に漕ぎ着いたのですが、それまでの間に関わってこられた方々のほとんどが亡くなられました。大浦氏はそういった人々を偲び、これまでの経緯を回想しながら、水野龍がコロニアに残した影響についてお話しくださいます。

第二部は兵庫県在住の映像作家若林あかね氏にお話しいただきます。若林氏は関西に残る歴史建築の映像をアーカイブしておられますが、その一つがカフエーパウリスタです。水野龍がブラジルコーヒーの普及に日本で始めたカフエーパウリスタは、その 1 号店が大阪府箕面市にオープンされたことが近年知られるようになり、またその建物も昨年 9 月に解体されるまで現存していました。このことがきっかけとなりカフエーパウリスタのエバンジェリスト(伝道師)を自称するまでになった若林氏に映像を交えながらその経緯をお話しいただきます。

サンパウロ人文科学研究所(本山省三理事長)


ブラジル日本移民史料館共催 第 19 回『コロニア今昔物語』
第一部:「水野龍展と私―その上を流れた時間と人々」
講演者:大浦文雄氏(スザノ福博村会顧問)

第二部:「カフエーパウリスタに魅せられて」
講演者:若林あかね氏(映像作家)

日時:2017 年 1 月19 日(木)午後 6 時
場所:ブラジル日本文化福祉協会9階 ブラジル日本移民史料館
お問い合わせ:11-3277-8616 午後 2 時から 6 時まで

講演者プロフィール
OOURA大浦文雄(おおうら・ふみお)
1924 年香川県生まれ。1929 年両親に連れられ渡伯。1935 年スザノ福博村に入植。戦後、青年仲間たちとブラジルにおける日系の理想村造りに熱意を燃やし、裏付けとして詩を書き始める。1968 年福博村村会会長、以来コロニア中央組織にも広く参加。2003 年日本政府より叙勲。

 

 

AKANE若林あかね(わかばやし・あかね)
1961 年長崎県崎戸炭鉱の町生まれ。朝日放送、旭化成勤務を経て、1994 年ビデオ制作会社設立。代表取締役兼ディレクターとしてテレビ番組、企業や博物館の PR 映像を多数制作。最近では関西の歴史的建築を記録する活動を行っている。https://gmp1994.jimdo.com/

REFORMA PARCIAL
ESTATUTO SOCIAL

>> 03.12.2015: Resolução conjunta CD/Diretoria para constituição da Comissão de Reforma do Estatuto do Bunkyo
>> 10.09.2015: Reforma parcial do estatuto do Bunkyo
>> 27.05.2015: Conselho Deliberativo institui a Comissão de Reforma do Estatuto do Bunkyo
>> ESTATUTO SOCIAL