ブラジル日本文化福祉協会

pavilhaohome edificiohome museuhome kokushikan blibliotecaacervo bunkyonethome

報告:2018年秋の叙勲祝賀会

記:2018年12月17日

01

12月5日に、文協ビル貴賓室にて開催された「平成30年秋の叙勲受章者祝賀会」には、サンパウロ管内での受章者5名を祝うため、在サンパウロ日本国総領事館楠彰首席領事をはじめ、日系団体や日系企業37団体の代表者やそれぞれの家族、友人など約140名が詰め掛けました。

それぞれの受章者の胸には、既に当日午前に、在聖総領事公邸に招かれ伝達された勲章が付けられ特別の光を放っていましたが、それと同じくらい、もしくはそれ以上に受章者の表情が輝いていたのが印象的でした。

 

02主催団体を代表し、挨拶に立った文協の呉屋春美会長は「本日、日系社会を代表し、祝賀会を開催できることは大変光栄です。あらためて、5名の受賞者の方々の社会への献身に心から感謝申し上げます。」と述べました。

  

03

続いて挨拶に立った楠彰総領事は「ブラジルは、日本にとって最も親しみやすい国の内の一つです。日系移民の皆様方が日伯友好に多大な貢献を頂いていることを日本政府は良く理解しております。」と強調しました。

 


受章者の岩原勝一氏(85/旭日単光章)は「自分は勉強する機会を持てず、学歴はないが、先輩や家族の支えのお陰で、今までやってこれました。」と謙遜して話しました。


石井千秋氏(77/旭日単光章)は「予期せぬ受章の知らせに大変驚きました。」と話し「自分の夢を追求して帰化し、1972年にミュンヘンオリンピックに参加し、銅メダルを獲得することができました。自分がブラジルにおいて柔道の普及を引き起こすことができるとは、夢にも思っておりませんでした。」と述べました。


元山光男氏(89/旭日双光章)は「長年において結ばれたアラサツーバ地域全体の団体、そして多くの人々、また子どもたちの助けがあってこそ成し得たことです。」と話し、「すべて皆様のお陰です。」と強調しました。


貞方賢彦氏(76/旭日双光章)は、ブラジルでのヤクルト商工(株)の活動開始から50年、またブラジル日本移民110周年という特別な記念の年に受章できたことに感慨深げに「ブラジルにおいて、雨の日も晴れの日も絶え間なく、ヤクルト商工を豊かにするのを手伝ってくれたすべての人に深い感謝を表したいと思います。」と話しました。


西尾義弘ロベルト氏(75/旭日双光章)は、本日の祝賀会の主催者や集まった全ての日系団体および人々に対して心からのお礼を述べながら「ある時点で、自分の内に眠っていたボランティア精神が、革新的な火花によって目覚めさせられた」と語り「いつの日か、本当に頂いた叙勲の価値にふさわしい人物となれるようがんばりたい」と締めくくりました。


続いて、公式写真撮影の後、サンパウロ日伯援護協会会長の与儀昭雄氏による音頭で乾杯し、夕食会へと移りました。

 

 

Facebook-BunkyoTwitter-BunkyoMuseum of the Japanese Immigrationinstagram

REFORMA PARCIAL
ESTATUTO SOCIAL

>> 03.12.2015: Resolução conjunta CD/Diretoria para constituição da Comissão de Reforma do Estatuto do Bunkyo
>> 10.09.2015: Reforma parcial do estatuto do Bunkyo
>> 27.05.2015: Conselho Deliberativo institui a Comissão de Reforma do Estatuto do Bunkyo
>> ESTATUTO SOCIAL