ブラジル日本移民史料館

このバーチャル史料館は、実際に訪れたのと同じように、3つのフロアを見学することができます

再生回数 61.800回 (21年12月17日現在)

タグの上にマウスを置くと、より多くの情報を得ることができます

ようこそ 「バーチャル ブラジル日本移民史料館」へ!

操作方法

7階クイックツアー

8階9階クイックツアー

ブラジル日本移民史料館

ブラジル日本移民の歴史に関する最大規模かつ最も豊富な史料を保有しています

開館時(1978年6月18日)、当時の皇太子・明仁親王殿下(第125代天皇)とガイゼル元大統領(故人)

当館が保有している、当時の移民たちが使用していた物品(様々な書類、写真、雑誌、マイクロフィルム、レコード、絵画、家庭用品、作業用品、着物など)は約9万7000点にも及びます。

文協ビルの7、8、9階に位置する同史料館の展示方法を巡っては、明瞭明確で分かりやすく、模範的な史料館であるとの高い評価を得ています。また移民に特化した図書館(3階)には日系社会で発行された新聞を含む何千点もの史料や写真が保管されています。

同館は、日本移民の歴史を残し後世に伝えなければ、と考え行動した初期移民たちの努力の結晶の賜物です。文協は日伯両国で大規模な資金調達キャンペーンを展開し、そこで得た資金をもとに1978年にオープンさせました。

40年経った現在もなお、同館はブラジルにおける日本人移民史を今に伝える重要な拠点としての使命を果たすべく、2018年には、展示施設の大規模な改修および近代化、2019年には新しく研究・教育スペースを追加するなど、常に趣向を凝らして来館者を迎えています。

8階改修工事スポンサー(2018年)
7階改修工事スポンサー(2019年)
斎藤広志記念室オープン(8階/2020年)
梅棹忠雄 日本移民史・文化研究センター オープン(3階/2020年)

移民船 乗船者リスト

足跡プロジェクト

ブラジル日本移民百周年記プロジェクトの一環として、戦前戦後移民23万人の乗船記録を検索できるシステム「足跡プロジェクト」を、100人以上のボランティアの協力を得て作成しました。ただし、戦後の移民においては、入国管理会社を経由せず移民した方もおり、乗船リストに未登録の場合もあるため、お名前が見つからない方もいらっしゃるかもしれません。

 

コレクション

移民たちが当時使用していた日用品や開拓中に書かれた日記、生活の様子を描いた絵画、出版された様々なジャンルの本などは、ブラジル日本人移民の歴史を記録するための重要な史料となっています。

写真

史料館にある約1万枚の写真は、それら一枚一枚が移民歴史の断片を記録する貴重な史料として大切に保管されています。これらを保存するため、現在、写真のデジタル化作業が進められています。

ビデオ

第1回日本移民資料館国際シンポジウム(2020/11)で当館を案内する山下リジア運営委員長

 

2014~17年当時の森口イグナシオ忠義運営委員長およびUSP大学人文科の本山省三教授による当館の説明

7階(2019)および8階(2018)リフォーム

眞子内親王殿下(当時)ご来館 (2018)

スポンサーからのメッセージ:ホンダオートモーベイス・ド・ブラジル・リミターダ/マルコス・アントニオ・ベント・デ・ソーザ氏

covid-19パンデミック対策
「アミーゴキャンペーン」(2020)

お知らせ

ブラジル日本移民史料館9階 リニューアルオープン

お待たせいたしました! 去る2022年6月22日のブラジル日本移民史料館9階リニューアルオープニングセレモニーを経て、一般公開が始まりました。 前例のない展示品としては、「日本刀のコレクションスペース」と、アニメや漫画、コスプレ、ジャスピオンなどの戦隊ヒーローのアイテムを揃えた日本のさまざまな時代のアイテムを紹介する「ポップカルチャーコーナー」が挙げられます。 Previous Next ブラジル日本移民史料館全体図 O ingresso dá direito a visitar os 3 andares do museu 同史料館は、ブラジルにおける日本移民の歴史に関する、最大で最も完全な史料を有しており、そのアイテム数は9万7千点にもおよびます。その貴重な史料は文協ビル7,8,9階の3フロアーに展示、または適切に保管されています。 2018年には、同史料館をバーチャル上でオープンさせ、世界中からのアクセスを得ています。 7階: 初期移民について Previous Next ここでは、移民船「笠戸丸」に乗って入植した第一回ブラジル日本移民からの歴史を辿ります。当時はどのような暮らしをしていたのかなど、知ることができます。 8階:

SAIBA MAIS >

ブラジル日本移民114周年記念展開催中!@ショッピング・パチオ・パウリスタ

ブラジル日本移民114周年記念展 日 時:2022年6月20日~7月10日(日) 正午~20時場 所:ショッピング・パチオ・パウリスタ内  ジャルジンス階     R. Treze de Maio, 1947 – Bela Vista, São Paulo入場料:無料※ただし入場には、展示会ポスターにあるQRコードからアプリをダウンロードし、クーポンの提示が必要となっています この展示会は、ジャパンハウス、ブラジル日本移民史料館、同ショッピングセンターのパートナーシップにより実現しました。 買い物のついでに、お気軽にお立ち寄りください!

SAIBA MAIS >

移民史料館からのお知らせ 5月1日(日)は祝日のため休館

日頃より当館へ格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。誠に勝手ながら2022年5月1日(日)は祝日のため休館とさせていただきます。 よろしくお願いいたします。 ブラジル日本移民史料館 常設展示場運営日時 : 火~日曜日、午後1時~午後5時  (現在9階は工事中)入場料:       ・大人 :16レアル       ・学生(学生証をご提示下さい):8レアル       ・5〜11歳の子供:8レアル       ・60歳以上:8レアル  ※水曜日は全年齢入場料無料 ブラジル日本移民史料館サイトはコチラ≫≫≫

SAIBA MAIS >

アミーゴキャンペーンのチケット有効期限 2/27まで

アミーゴキャンペーンのチケット 有効期限2022年2月27日まで延長! 去る2020年5月~8月の3か月間に亘って開催されたアミーゴキャンペーンにて購入いただいたブラジル日本移民史料館または日本館の入場券の有効期限を、2022年2月27日まで延長致します。 アミーゴキャンペーンとは? 過去記事はコチラ〉〉〉 なお、特典として、ブラジル日本移民史料館のカタログもしくはアミーゴキャンペーンTシャツ贈呈パッケージをご購入された方も、同じく2022年2月27日までにブラジル日本移民史料館もしくは日本館にてお受け取りいただけます。(お受け取り期間の延長はございませんので、ご注意ください) アミーゴキャンペーンにご協力くださった皆様に、あらためてお礼申し上げます。 ありがとうございました!

SAIBA MAIS >

ブラジル日本移民史料館 – 年末年始休暇について

日頃より当館へ格別のご愛顧を賜り、厚く御礼申し上げます。誠に勝手ながら、年末年始休暇として下記の日程で休館させていただきます。 31日(金)、2022年1月1日(土)、2日(日)  ブラジル日本移民史料館詳細はコチラ 休館において大変ご迷惑をお掛け致しますが 、何卒ご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。良いお年をお迎えください!

SAIBA MAIS >

史料館「友の会」

史料館「友の会」の会員を募集しています!
お問い合わせ: museu@bunkyo.org.br

会費について

個人会員入会申込書

法人会員入会申込書

販売

作成中

お問い合わせ

PLANO ANUAL 2021

当館は新型コロナウイルス感染防止策を徹底した上で下記の通り

住所:Rua São Joaquim, 381 , Liberdade ,São Paulo , SP
文協ビル3階–史料館事務所 , 史料館図書館
文協ビル7・8・9階– 常設展示場 

常設展示場運営日時:火~日曜日、午後1時~午後5時
          ※現在9階は工事中

入場料:
大人 :16レアル
学生(学生証提示のこと):8レアル
5〜11歳の子供:8レアル
60歳以上:8レアル
案内付見学:150レアル
(要予約/1グループ50名まで/所要時間約60分/火~金曜)
※水曜日は無料

 業務を再開しています。

 

 

史料館図書館 / 史料館事務所運営日時:月~土曜日、9時~17時

*書籍は閲覧室で閲覧ください。(貸出不可)
 図書館の書籍及び史料の閲覧は事前申込が必要です。
メールに閲覧希望日時を記載し、送付してください。
同じく資料調査室利用希望の場合も、事前に研究プランあるいは見学希望内容を記載し、メールにて申し込みください。

お問い合わせ: (11) 3209-5465 ou 3208-1755 (ramal 117)
メール: museu@bunkyo.org.br

Master

Diamante

Platina

Ouro

Ouro

Ouro

Ouro

Ouro