第7代会長 尾身倍一 1983年3月~1991年3月

Share on facebook
Share on google
Share on twitter
Share on linkedin

尾身倍一1921年7月5日、東京で生まれる。1932年にブラジルに来伯、1949年まで、農業に従事し、その後スブルバーナ産業組合に就職しました。1953年、尾身兄弟商会を設立して、事業家としての道を踏み出しました。

1967年、サウージ文化体育協会を設立、1978年には、こどもの園(身体障害児療養施設)の理事長に就任、1969年以来、ブラジル日本文化福祉協会(文恊)の理事を歴任し、常に日系社会の活動に携わって来ました。

1983年に文恊の会長に就任、全伯の日系団体との連携を強化するため、全伯日系団体代表者会議の開催を提議し、1984年に室内体育館と駐車場を含む別館、小講堂、図書館、展示室を建設するため委員会を結成しました。

日本とブラジル日系企業の財政支援のおかげで、1987年には、室内体育館、1988年には別館と駐車場など、すべての施設が完成しました。

特に、1988年のブラジル日本移民80年祭では、祭典委員長としての重責を果たしました。1993年、日本政府より勲四等瑞宝章を受章しました。

Diretoria

Presidente: Masuichi Omi (1983-1990)
Presidente honorário: Guenichiro Nakazawa (1983-1984); Shiniti Aiba (1989-1990)
1º Vice: Gervásio Tadashi Inoue (1983-1986); Tsuyoshi Mizumoto (1987-1988); Atushi Yamauchi (1989-1990)
2º Vice: Tsuyoshi Mizumoto (1983-1986 e 1989-1990); Kioschi Sakai (1987-1988)
3º Vice: Ichiro Muto (1983-1986); Koji Hanada (1987-1988); Kioschi Sakai (1989-1990)
4º Vice: Kioschi Sakai (1983-1986); Kazuo Katayama (1987-1988); Koji Hanada (1989-1990)
5º Vice: Teruo Wakabayashi (1983-1986); Masahiro Seno (1987-1988); Kazuo Katayama (1989-1990)

Secretário Geral: Atushi Yamauchi (1983-1988); Ruy Kikuty (1989-1990)
1º Secretário: Yasuo Yamamoto (1983-1986); Tomohiça Ogassavara (1987-1990)
2º Secretário: Ruy Kikuty (1983-1984 e 1987-1988); Tomohiça Ogassavara (1985-1986); Fumio Okamoto (1989-1990)
3º Secretário: Tomohiça Ogassavara (1983-1984); Konosuke Ozeki (1985-1986); Walter Yukio Tamura (1987-1988); Ringo Kubota (1989-1990)

Diretor Tesoureiro: Koji Hanada (1983-1986); Kiyoshi Kawazoe (1987-1988); Kihatiro Kita (1989-1990)
1º Tesoureiro: Masayuki Sato (1983-1984); Fumiaki Watanabe (1985-1986); Toshiro Kobayashi (1987-1988); Mitsuo Nishime (1989-1990)
2º Tesoureiro: Toshio Watanabe (1983-1984); Toshiro Kobayashi (1985-1986); Makoto Sakai (1987-1988); Katsumi Sanda (1989-1990)
3º Tesoureiro: Fumiaki Watanabe (1983-1984); Makoto Sakai (1985-1986); Motochika Kobori (1987-1988); Kazusuke Nakamura (1989-1990)

Diretores de Esportes: Yoshie Yogo (1985-1990); Walter Yukio Tamura (1985-1986); Seiti Sacay (1987-1990)

Diretores: Fujio Tachibana (1983-1990); Tosio Tomimori (1983-1990); Ioshifumi Utiyama (1983-1990); Michimasa Betsuyaku (1983-1990); Takashi Goto (1983-1988); Hideo Iwasaki (1983-1988); Konosuke Ozeki (1983-1984 e 1987-1988); Masahiro Seno (1983-1986 e 1989-1990; Walter Yukio Tamura (1983-1984); Yataro Amino (1983-1990); Mosei Yabiku (1983-1984); Katsuji Kitaguchi (1983-1986); Fumio Oura (1983-1984); Takeo Matsunaga (1983-1984); Arata Suguimori (1983-1984); Makoto Furuya (1983-1984); Toshio Yamada (1983-1988); Hirobumi Mikami (1983-1984); Ichizo Okino (1983-1984); Chushiro Sato (1983-1984); Juntaro Mizushima (1983-1984); Shigueki Yamamoto (1983-1988); Iwao Ito (1983-1988); Yoshio Okamura (1983-1984); Saburo Nakasu (1983-1984); Tatsuo Suekane (1983-1990); Ruy Kikuty (1985-1986); Taiji Takemoto (1985-1988); Aisaku Oguimi (1985-1986); Masayasu Oogawara (1985-1986); Kichiro Konno (1985-1988); Masayuki Maeda (1985-1986); Yukio Yamashita (1985-1986); Chushiro Ito (1985-1986); Yoshio Maeyama (1985-1990); Osami Sakamori (1985-1986); Masao Igarashi (1985-1986); Fumio Okamoto (1987-1988); Suehiro Kano (1987-1990); Hiroshi Ueno (1987-1988); Ikuo Okino (1987-1988); Yoshio Kawakami (1987-1990); Kazutoshi Sakakibara (1987-1988); Giro Igarashi (1987-1990); Joji Yamawaki (1987-1988); Teisaku Numata (1987-1990); Hajime Sakaguchi (1989-1990); Takeshi Suzuki (1989-1990); Anselmo Nakatani (1989-1990); Jiroku Ariki (1989-1990); Tadashi Suguimoto (1989-1990); Toshio Furuya (1989-1990); Katsutoyo Ito (1989-1990); Kiyoshi Minami (1989-1990); Toshio Yamada (1989-1990); Yoshiyuki Yamaguchi (1989-1990); Wataru Ishibashi (1989-1990); Kensho Yamada (1989-1990).

Conselho Deliberativo

Presidente: Shiniti Aiba (1983-1988); Tadashi Takenaka (1989-1990)
1º Vice: Tadashi Takenaka (1983-1988); Kazuo Harazawa (1989-1990)
2º Vice: Katuki Nishimura (1983-1988);Yoshihisa Takano (1989-1990)
3º Vice: Kazuo Harazawa (1983-1988); Takeichi Wai (1989-1990)

1º Secretário: Shigueo Kamogawa (1983-1984); Tuyoci Ohara (1985-1990)
2º Secretário: Tuyoci Ohara (1983-1984); Tomozo Hinoue (1985-1988); Mário Osassa (1989-1990)
3º Secretário: Tomozo Hinoue (1983-1984); Toshikazu Sakon (1985-1988); Maçahiko Tisaka (1989-1990)

Secretário Geral Administrativo: Senichi Adachi

ニュース

「母の日弁当」受付終了しました

  ※完売につき予約受付は終了いたしました。 文協は、文協和食普及委員会を通して、皆様の大切な「母の日」を彩るお手伝いをしようと、「母の日弁当」をご用意致しました! シェフと共に、同委員会メンバーが心を込めて準備致します。 メニュー

続き

移民史料館/図書館/事務局 再開のお知らせ

4月28日にサンパウロ州政府より発表された同州経済活動再開計画に基き、文協の各機関は新型コロナウイルス感染防止策を徹底した上で、2021年5月3日(月)から下記の通り業務を再開致します。 ******************************************************************** •   文協事務局 :

続き

石川レナト会長再選、2期目(2021~2023)続投決定!

第158回定期評議委員会 去る4月24日、定款第24、25及び30条の規定により第158回定期評議員会が開催され、 2020年度の理事会事業報告書、会計報告書、監査役会意見書の審議及び承認、並びに以下の選挙が行われました。 ・評議員会会長、第1、第2、第3副会長、第1、第2、第3幹事 ・理事会会長、第1、第2、第3、第4、第5、第6、第7副会長、専任理事、会計専任理事

続き

新型コロナウイルス感染症対策緊急事態宣言に伴う文協の対応について(~4月30日)

ブラジル日本文化福祉協会は、サンパウロ州および市当局における新型コロナウイルス感染症対策強化の指示に従い、以下の通りの対応といたします。 1-ブラジル日本移民史料館、文協図書館等、文協ビル内の施設は、4月30日(金)まで一時閉鎖といたします。 2-日本館(イビラプエラ公園内)および、国士舘大学スポーツセンター(サンロケ市)についても同じく4月30日(金)まで一時閉鎖といたします。 3- 文協事務局は、引き続きメール(contato@bunkyo.org.br)および電話(11)3208-1755での対応を継続し、最新情報は文協ウェブサイトwww.bunkyo.org.brなどの文協SNSに随時更新いたします。 何卒ご理解とご協力を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

続き

文協役員改正選挙 提出は石川レナト現会長のシャッパのみ

文協役員改正のためのシャッパ提出期限である4月14日(水)までに提出されたのは、石川レナト現会長の体制派シャッパ「団結してより良い未来」のみでした。 来たる4月24日(土)の評議員会において信任投票が行なわれ、正式に新役員の発足となります。 なお、シャッパ「団結してより良い未来」は以下のとおりです(敬称略)。 評議員会役員 会長:

続き