第4代会長 延満三五郎 1971年4月~1975年3月

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

延満三五郎1909年8月8日、広島県で生まれる。

1933年、鐘紡(後のカネボウ株式会社)に入社し、以降 南米各国での綿の輸出業務に携わる中で、ブラジルとの関係が始まりました。

戦後、ニューヨーク鐘紡社長時代に、本社からブラジルに鐘紡工場創設の指令を受け、1954年に来伯、社長として多忙な日々を送りました。

到着以来、ブラジル日本文化協会の活動に加わり、その後第2会計理事、第1常任理事、第1副会長と歴任し、歴代会長を補佐してき来ました。

会長としては、1971年から特に文化事業の充実に力を注ぎ、美術、音楽、生け花の各委員会を組織して、積極的に文化事業を推進しました。

1970年、サンパウロ工芸作家協会の会長に就任し、工芸委員会を設置して以来、工芸展は毎年続けられています。

1972年、ブラジル独立150年祭日系協力委員会を発足させ、委員長として、第1回国際民族舞踊大会を開催、11カ国の参加を得て大成功を収め、今では文恊の目玉事業の1つになっています。

また、特筆すべきは、150年祭の記念業事として、中断されていた聖美会主催のコロニア展を、サロン文恊として、再発足させたことでしょう。

Diretoria

Presidente: Sangoro Nobumitsu (1971-1974)
Presidente honorário: Kunito Miyasaka (1971-1972)
1º Vice: Tadashi Takenaka (1971-1974)
2º Vice: Kunihiro Miyamoto (1971-1974)
3º Vice: Gervásio Tadashi Inoue (1971-1974)
4º Vice: Ioshifumi Utiyama (1971-1974)
5º Vice: Fujio Tachibana (1971-1974)

Secretário Geral: Atushi Yamauchi (1971-1974)
1º Secretário: Shuichiro Wada (1971-1974)
2º Secretário: Motosuke Fujii (1971-1974)
3º Secretário: Shinichi Sasatani (1971-1972); Rinji Nagashima (1973-1974)

Diretor Tesoureiro: Rinji Nagashima (1971-1972); Shinichi Sasatani (1973-1974)
1º Tesoureiro: Yoshikazu Tanaka (1971-1974)
2º Tesoureiro: Katuki Nishimura (1971-1974)
3º Tesoureiro: Masuichi Omi (1971-1974)

Diretores: Isao Konno (1971-1972); Takashi Goto (1971-1974); Hiroshi Saito (1971-1974); Tsunezo Sato (1971-1974); Shiro Endo (1971-1972); Mosei Yabiku (1971-1974); Tosio Tomimori (1971-1974); Takuji Fujii (1971-1974); Takeshi Matsuo (1971-1974); Naoji Takeuchi (1973-1974); Fumio Oura (1971-192); Iwao Motomura (1971-1972); Kinju Wada (1971-1972);Teruo Wakabayashi (1971-1974); Yoshijiro Muramatsu (1971-1974); Caio Mori (1971-1972); Michimasa Betsuyaku (1971-1972); Hideo Nasuno (1971-1972); Matazo Kuroda (1971-1974); Hiroshi Kato (1971-1972); Juntaro Mizushima (1971-1974); Jiro Shimanoe (1971-1974); Mitomu Shimomura (1971-1972); Paulo Okamoto (1971-1974); Takemori Oshiro (1971-1972); Setsu Kaimiyama (1973-1974); Tsuyoshi Mizumoto (1973-1974); Susumu Miyao (1973-1974); Toshiya Katsuda (1973-1974); Norio Arimura (1973-1974); Kenji Neguishi (1973-1974); Katsuzo Matsutani (1971-1972); Shusaku Yamamoto (1973-1974); Chushiro Sato (1973-1974); Tsuyoshi Shimomura (1973-1974); Hiroshi Banno (1971-1974); Toshinobu Katayama (1973-1974)

Conselho Deliberativo

Presidente: Guenichiro Nakazawa (1971-1974)
1º Vice: Seibin Takahashi (1971-1974)
2º Vice: Takeshi Yoshio (1971-1974)
3º Vice: Masao Aikawa (1971-1974)

1º Secretário: Hideo Kawauchi (1971-1974)
2º Secretário: Sadami Mine (1971-1974)
3º Secretário: Kazuo Harazawa (1971-1974)

Secretário Geral Administrativo: Senichi Adachi

ニュース

ハローキティと仲間たち&日本館のスペシャルコラボ!(12月,1月の2か月間/12月4,5日は特別イベントあり)

2021年12月と2022年1月の2か月間、イビラプエラ公園内にある日本館では、日本が世界に誇る(株)サンリオが提供するハローキティとその仲間たちが、皆様をお待ちしています。 12月4日(土)、5(日)はハローキティ(着ぐるみ)が登場します! 当日、日本館めぐりのためにお渡しするパスポートに、指定したポイントごとに用意したかわいいスタンプを押しながら、日本館やその歴史に触れて頂けるよう工夫しています。全ポイントのスタンプを押すことができた場合、最後に特別なカードもお渡ししています。 なお、このイベントのキューレターであるタカヤ・アギタ氏は、今回の日本館とサンリオ社のコラボレーション企画の実現には、両者の仲介を果したTasa Eventos社のディレクターである佐藤・セルジオ・タカオ氏によるところが大きいと話しています。

続き

CIATE コラボラドーレス会議 12月3、4日

在サンパウロ国外就労者情報援護センター(CIATE)主催 文協ネットワークプロジェクト委員会後援 国際シンポジウム開催のお知らせ CIATEでは、毎年、日本及びブラジルの当局者や、日本での就労・教育に携わる方を招いて日系ブラジル人の日本での就労に関するシンポジウムを開催しています。2021年度のシンポジウムは、「コロナ禍における在日ブラジル人の挑戦と2022年に向けた展望」というテーマのもと、12月3日(金)午後8時から、及び12月4日(土)の午前8時から、2回に渡って行われます。 本年のシンポジウムはCIATEのYouTubeチャンネルを通してのオンライン開催となります。(事前登録等は不要)ぜひご参加ください。 12月3日(金)午後8時~https://youtu.be/PZw2dDzRDig (ポルトガル語)

続き

報告:第50回山本喜誉司賞授賞式

去る11月5日、文協ビル貴賓室において、農業分野における日系人功労者に対して贈られる「第50回山本喜誉司賞表彰式」が行われました。新型コロナウイルス感染症拡大防止策のプロトコルに従い、今回は入場者の人数を制限しての開催となりました。3名の受賞者には、表彰状と花束に加え、石川レナト文協会長より、自身が経営するファゼンダ・アリアンサのコーヒーメーカーが贈呈されました。表彰式の後は会場をテーヒオに移し乾杯、夕食会へと続きました。 なお3名の受賞者は以下の通りです。 おめでとうございます! 岸本 晟 氏

続き

オンラインライブ「“Arigatô Mogi”」11月27日(土)8h~

モジ・ダス・クルーゼス文化協会主催オンラインライブ「“Arigatô Mogi”」11月27日(土)8h~ 平田ジョーエのプロデュース、ヤマイ・ケンジの演出にて、日本の歌謡曲やダンスのショーをオンラインにて開催します! 日本からは歌手のマルシアとエドアルドが参加!! どうぞお楽しみに!!!

続き

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *