第3代会長 宮坂国人 1965年3月~1971年3月

宮坂国人1889年7月15日、長野県で生まれる。1913年~1919年までペルーに在住し、邦字新聞”アンデス時報”を発行。これがラテンアメリカ最初の邦字新聞と言われています。

1927年、政府の指導に従い、地方に “海外移民組合連合”を設立し、1931年には、会長・理事長に平生釟三郎、専務理事に宮坂国人が抜擢され、有限会社ブラジル拓殖組合(ブラ拓)を設立しました。

1932年、この現地機関の専務理事として来伯しました。まず手掛けたのは、チエテ(現ペレイラ・バレット)、バストス、アリアンサ、トレス、バラス(現アサイ)4移住地の経営で、4移住地の総面積約8万ヘクタールに諸施設を建設し、営農指導を行って移住者を定着させることを目的としました。

1937年、日南産業株式会社を設立し、会長に平生釟三郎、専務取締役に宮坂国人が就任。ブラ拓の専務理事を兼務して移住事業と関連事業を推進し、やがて南米銀行の前身“ブラ拓銀行部”が発足、1940年、南米銀行が設立されました。

1955年、山本喜誉司と共に、2人の署名を持って組織設立を公表し、文恊設立を推進しました。文恊設立時には、評議委員会会長として多忙な日々を送りました。

1965年、第3代文恊会長に任命された後、日系社会の文化活動を行うために、“100万コント基金を設定、大講堂の建設、日語普及とモデル校の創立”と言う宮坂構想を提唱しました。

1970年9月、大講堂の落成式が会長の手によって行われました。

1972年、公職から身を引き、日本へ帰国しましたが、再び終焉の地ブラジルで、1977年、永眠しました。

理事会

会長: 宮坂 国人 (1965-1970)
第1副会長: 井上 忠志  (1965-1966); 延満 三五郎 (1967-1970)
第2副会長: 延満 三五郎 (1965-1966);宮本 邦弘(1967-1968); 竹中 正(1969-1970)
第3副会長: 平田 進 (1965-1966); 井上 忠志 (1967-1968); 宮本 邦弘(1969-1970)
第4副会長: 井上 忠志 (1969-1970)
第5副会長: 内山 良文(1969-1970)

専任理事: 竹中 正 (1965-1968); 今野 功 (1969-1970)
第1常任理事: 斉藤 広志 (1965-1966); 九十九 利雄 (1967-1968); 和田 周一郎 (1969-1970)
第1常任理事: 鈴木 悌一 (1965-1966); 山本 勝造 (1967-1968); 藤井 素介 (1969-1970)
第3常任理事: 九十九 利雄 (1965-1966); 和田 周一郎(1967-1968); 笹谷 新市(1969-1970)

会計専任理事 永島 倫二(1969-1970)
第1会計理事: 永島 倫二 (1965-1968);橘 富士雄(1969-1970)
第2会計理事: 原田実 (1965-1966); 相場 真一 (1967-1968); 西村 一喜 (1969-1970)
第3会計理事: 花城 清安 (1965-1968); 尾身 倍一 (1969-1970)

理事: 山本 勝造 (1965-1966); 大浦 文雄 (1969-1970); 佐藤 常蔵 (1965-1970); 木原 暢 (1965-1968); 須貝 アメリコ (1965-1966); 野村丈吾(1965-1968); 吉雄 武 (1965-1968); 内山 良文(1965-1968); 和田 周一郎 (1965-1966); 田中 義数 (1965-1970); 鷲塚 時哉 (1965-1966); 宮本 邦弘 (1965-1966); 橘 富士雄 (1965-1968); 鈴木 威 (1967-1968); 斉藤 広志(1967-1970); 平田 進(1967-1968); 笹谷 新市 (1967-1968); 鈴木 悌一 (1967-1968); 広川郁三(1967-1968); 後藤 隆 (1969-1970); 九十九 利雄 (1969-1970); 遠藤 四郎 (1969-1970); 屋比久 孟清(1969-1970); 富森 敏雄i (1969-1970); 実松 豊 (1969-1970); 山内 淳 (1969-1970); 酒井 祐雄 (1969-1970); 中沢 源一郎 (1965-1968); 木村 巌 (1969-1970); 山本豊 (1969-1970); 和田 金寿 (1969-1970); 西川 蔚 (1969-1970); 大堀 義信 (1969-1970); 山本 周作 (1969-1970); 黒田 又蔵a(1969-1970); 佐藤 忠四郎 (1969-1970); 水島 順太郎 (1969-1970); 中矢 秀一 (1969-1970); 下村 認 (1969-1970); 藤原 勝蔵 (1969-1970); 大城 武盛(1969-1970)

評議員会

会長: 中尾 熊喜 (1965-1968); 中沢 源一郎 (1969-1970)
第1副会長: 後藤 武夫(1965-1968); 花城 清安 (1969-1970)
第2副会長:  蜂谷 専一 (1965-1968); 相川 政男 (1969-1970)
第3副会長:  高橋 誠敏(1969-1970)

第1幹事: 二木 秀人 (1965-1966); 赤間 みちえ (1967-1968); 川内 秀夫 (1969-1970)
第2幹事: 細江 静男 (1965-1966); 二木 秀人 (1967-1968); 三宅 静 (1969-1970)
第3幹事: 城島 慶次郎 (1965-1966); 細江 静男 (1967-1968); 峰 定美 (1969-1970)

事務局長: 藤井 卓治 (1965-1968); 安立 仙一 (1969-1970)

ニュース

第5回 国際日系デー「日系ブラジル人の価値観についての考察」

第5回 国際日系デー「日系ブラジル人の価値観についての考察」パネルディスカッション&カクテルパーティ日  時 : 2024年6月20日(木)19時~場  所 : 文協ビル貴賓室参加方法 : 招待客のみ 文協青年統括委員会の中の「文協架け橋委員会」は、6月20日の国際日系デーを祝賀し、その当日に「日系ブラジル人の価値観についての考察」と題したパネルディスカッションおよびカクテルパーティを開催します。 国際日系デーとは 1868年6月20日は、日本人による海外移住の先駆である集団移住者「元年者」がハワイに上陸した日であり、近代日本において日本人が初めて世界に雄飛した記念すべき日です。

続き

ブラジル日本移民116周年法要およびミサのお知らせ

6月18日はブラジル日本移民の日  今から116年前の明治41年、ブラジルへの第1回契約移民781名を乗せた笠戸丸が、50日余りかけて、6月18日の朝、サントス港第14埠頭に着岸しました。ブラジルの日系社会ではこの日を「ブラジル日本移民の日」として記念し、毎年、仏式法要およびキリスト教のミサを行っています。なお、日本においても、1966年に総理府(現内閣府)により「海外移住の日」と定められ、様々な記念行事が行われています。 移民の日 先駆者慰霊追悼ミサ 先駆者慰霊ミサ 日 時:2024年6月18日(火)8時~場 所:São

続き

3ªPalestra Live-Online『日本映画からみる日本の心』6月8日(土)16h~

ブラジル日系社会を担うリーダー育成プログラム 既にご存知のように、ブラジル日本移民116周年を迎えた今日、その子孫は約270万人を数えるまでになりました。しかしながら、時の流れと共に日本語を理解しその精神文化に精通する日系人は著しく減少しているのが現状です。それに伴い、ブラジル全土に広がる約400の日系団体は、今後のブラジル日系社会を支える次世代の後継者育成が急務との、共通の課題を有しております。 そこで文協国際交流委員会では、後継者にとって必要なことは先ず祖国「日本」を知ることに始まると考え、昨年より毎月一回、合計11回のオンライン勉強会を開催したところ、大変好評であったため、本年も引き続き開催することと致しました。(2か月に1回 / 第2土曜日)もちろん、日本文化に関心のある非日系人の方々の視聴も歓迎しています。

続き

「劇場版ハイキュー‼ ゴミ捨て場の決戦」ブラジル上映決定!5月30日から

日本だけでなく、世界からの支持を得た「劇場版ハイキュー‼ ゴミ捨て場の決戦」が、5月30日からここブラジルでの上映が決定しました! 映画の詳細は、アニメ『ハイキュー!!』公式サイト をご覧ください。 文協は、「ブラジル社会において日本文化の継承と普及を促進する」という文協が掲げる理念に基づき、ブラジルにおける日本の映画の普及を応援しています。

続き