第18回文協桜まつり

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

02日本においてはサクラは開花が話題となる点において、他の植物とは一線を画す存在であり、花の中でも特別な位置を占めています。日本においてサクラは公式には国花ではないものの、国花の一つであるかのように扱われています。

03桜の花の下の宴会の花見は風物詩です。サクラの開花時期は3月下旬から4月半ば頃が多く、日本の年度は4月始まりであることや、学校に多くの場合サクラが植えられていることから、人生の転機を彩る花にもなっています。

05江戸時代において潔よさを人の模範と見て、桜はしばしば武士道のたとえにされてきました。明治時代に新渡戸稲造が著した『武士道』では「武士道とは日本の象徴たる桜の花のようなもの」と冒頭に記しています。武士道を美徳とした旧日本軍では、潔く散る桜が自己犠牲のシンボルとして多用されました。

09そのように桜というのは、言葉では簡単に表現することのできない、非常に美しく、深い意味を持ち、様々なストーリーを思い出させる花です。そんな儚く美しい桜の木々が500本も植えられているサンロッケ市の国士舘大学スポーツセンターを舞台に、6月28、29日(土、日)、第18回文協桜まつりが開催されます。昨年は天候に恵まれたこともあり、過去最高の約2万人が来場しました。

06今年の桜まつりの内容を少しだけ紹介いたします。地元産の果物、野菜、花などが販売されます。フードコートも日本料理に加え、イタリア料理、ポルトガル料理、ドイツ料理などが味わえて非常に魅力的です。第18回桜まつりでの新企画は、キンタ・ド・オリバリオ貯蔵庫のワイン樽とぶどうジュースです。最高級のワインとぶどうジュースを堪能できること間違いありません!体育館ではいつものように様々な文化活動が予定されています。茶道、生け花や盆栽の展示の他、生態学に関する展示も計画されています。餅つきや数々の文化ワークショップもにぎわいを見せるでしょう。第3回フォトコンテストも行なわれます。

04

世代が変わっても変わらないのは、日本人にとって桜は単なる木ではないということです。桜のある風景は、人生の折々と深く関わり、人々の心をゆさぶってきました。ブラジルにおける日本移民たちは、国の政策や経済で翻弄される中、たくましく生き抜いてきました。桜が日系人の心を支えたともいえるでしょう。彼らは移住先に桜を植え日本と縁を繋いでいきました。その美しい桜がたちまちブラジル中に普及し、日伯の文化交流の輪を広げているのです。

07桜の苗木が日本から持ち込まれたのは1930年前後です。ブラジルの気候・風土に最も適している品種は濃いピンク色の沖縄桜で、その他、雪割桜、ヒマラヤ桜などがあります。確かに、日本では染井吉野が主流なので、ブラジルで見る桜は日本とは異なります。日本の桜のはうが全然きれいだと思う方もいるかもしれません。しかし、移民たちは、自分たちの桜を自分たちの手で育種し、桜の成長を見ながら辛い時期を耐え忍び、多大の苦労をもってそれを文化交流に発展させたのです。桜の歩みは人の歩み、桜の歴史は人の歴史なのです。そんな思い出深い桜を眺めながら、サンロッケで家族や友人と週末を過ごすのはいかがでしょうか。ワールドカップ観戦でブラジルを訪れているみなさんも是非会場に足を運んで、地球の反対側で花開いている日本文化をご鑑賞ください!

10第18回桜まつり
日時:2014年6月28,29日 8時から17時
場所:サンロッケ市国士舘大学スポーツセンター
Estrada do Carmo, 801 – Bairro do Carmo – São Roque-SP
入場無料
駐車場:20レアル
問い合わせ:(11) 3208-1755

共催 日伯文化社会統合協会・文協

協力団体
サンパウロ州政府
サンロッケ市役所
在サンパウロ日本国総領事館
JICA
国際交流基金

後援
バルゼン・グランデ・パウリスタ文化体育協会
マイリンキ文化協会
国士館マレットゴルフ協会
コチア青年連絡協議会

スポンサー
ホンダ
サクラ醤油
アルファ食品

ニュース

CIATE コラボラドーレス会議 12月3、4日

在サンパウロ国外就労者情報援護センター(CIATE)主催 文協ネットワークプロジェクト委員会後援 国際シンポジウム開催のお知らせ CIATEでは、毎年、日本及びブラジルの当局者や、日本での就労・教育に携わる方を招いて日系ブラジル人の日本での就労に関するシンポジウムを開催しています。2021年度のシンポジウムは、「コロナ禍における在日ブラジル人の挑戦と2022年に向けた展望」というテーマのもと、12月3日(金)午後8時から、及び12月4日(土)の午前8時から、2回に渡って行われます。 本年のシンポジウムはCIATEのYouTubeチャンネルを通してのオンライン開催となります。(事前登録等は不要)ぜひご参加ください。 12月3日(金)午後8時~https://youtu.be/PZw2dDzRDig (ポルトガル語)

続き

報告:第50回山本喜誉司賞授賞式

去る11月5日、文協ビル貴賓室において、農業分野における日系人功労者に対して贈られる「第50回山本喜誉司賞表彰式」が行われました。新型コロナウイルス感染症拡大防止策のプロトコルに従い、今回は入場者の人数を制限しての開催となりました。3名の受賞者には、表彰状と花束に加え、石川レナト文協会長より、自身が経営するファゼンダ・アリアンサのコーヒーメーカーが贈呈されました。表彰式の後は会場をテーヒオに移し乾杯、夕食会へと続きました。 なお3名の受賞者は以下の通りです。 おめでとうございます! 岸本 晟 氏

続き

オンラインライブ「“Arigatô Mogi”」11月27日(土)8h~

モジ・ダス・クルーゼス文化協会主催オンラインライブ「“Arigatô Mogi”」11月27日(土)8h~ 平田ジョーエのプロデュース、ヤマイ・ケンジの演出にて、日本の歌謡曲やダンスのショーをオンラインにて開催します! 日本からは歌手のマルシアとエドアルドが参加!! どうぞお楽しみに!!!

続き

通常運営時間再開のお知らせ 8月26日~

サンパウロ州政府が策定した経済活動再開計画(Plano Sao Paulo)に基づき 、文協の各機関はCOVID-19感染防止策を徹底した上で、下記の通り8月26日から通常業務時間にて運営を再開致します。 •

続き

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *