2015年文化社会事業統括委員会

2 – 文化社会事業統括委員会
2.1 – 図書・映画委員会
1) 図書(蔵書約6万冊)とビデオ・ライブラリー(VHS約4千本)の運営ならびに貸し出し管理
2) 古本市の実施(4月、11月に展示室にて)
3) 「水曜シネマ」の実施(大講堂、小講堂)
4) 「水曜フリマ」の実施(第1水曜、大講堂ホール)
5) 地方文協との協力の下での巡回図書館導入
6) 月1回、邦字紙への「文協図書、映画便り」掲載
2.2 – 美術委員会
1) 第52回児童絵画教室実施(1月12日~16日、15号室)
作品展覧会開催(1月17日~18日、15号室)
2) 第8回文協総合美術展授賞者個展を開催
3) 工芸委員会との共催による第9回文協総合美術展の開催(10月17日~25日、文協大講堂ホール、
貴賓室、13~15号室)
4) 農協婦人部協会(ADESC)との共催による児童絵画展の開催(8月6日~9日、15号室)
5) 第42回文協絵画教室生徒展、講師 近藤 敏(12月、15号室)
6) 第19回文協桜祭りにて、絵画コンクールを実施(7月4日、5日)
7) ブラジル日系美術館の運営
2.3 – 工芸委員会
1) 美術委員会との共催による第9回文協総合美術展の開催(10月17日~25日)
2) 第19回文協桜祭りへの参加(7月4日、5日、工芸作人の展示即売会を実施)
2.4 – 芸能委員会 – 日本部門
1) 芸能祭の団体と個人出演者の選考(4月5日、大講堂ならびに13、14号室)
2) 第50回芸能祭の実施(6月20日、21日 大講堂、13、14号室、展示室)
2.5 – 芸能委員会 – 国際部門
1) 第44回「国際民族舞踊祭」の実施(9月26日、27日、大講堂、13~14号室、展示室)
2.6 – 音楽委員会
1) ドミンゴ・コンサートの実施(小講堂)
2.7 –会員拡充委員会
1) ダンス教室の開催
2) 第9回ハワイの夜 ディナーダンスの実施(5月30日、新多目的ホール)
3) 第5回春のディナーダンスの実施(10月3日、新多目的ホール)
4) 国士舘大学スポーツセンターで行われる第19回文協桜祭りの実施協力
2.8 – 文化祭り委員会
1) 第9回文化祭りの実施(3月21日、22日、会議室、貴賓室、小講堂、展示室、新多目的ホール)
2.9 – 生け花委員会
1) 文協60周年記念行事および文化祭りに参加
2.10 – コーラス委員会
1) 年内1回コンサート実施(小講堂にて、開催月は未定)
2) 委員会活動を一般に知らせ、音楽基礎的素養のあるメンバーを新たに獲得するため公開練習の促進
3) 式典等における日伯両国の国歌斉唱
2.11 – にっけい文芸委員会
1) 第45回「にっけい文芸賞」(日本語、ポル語、マンガ部門)の選考と授賞式(11月、貴賓室)
2) 第6回全伯俳句大会の開催(8月、13、14号室)
3) 第3回文協コント大会の開催
2.12 – 和食普及委員会
1) ブラジルと日本の和食シェフの交流を推進するような活動の実施
2) SENACとの連携イベントのように、より広範囲に日本食を普及するためのパートナーシップの拡充

ニュース

第5回 国際日系デー「日系ブラジル人の価値観についての考察」

第5回 国際日系デー「日系ブラジル人の価値観についての考察」パネルディスカッション&カクテルパーティ日  時 : 2024年6月20日(木)19時~場  所 : 文協ビル貴賓室参加方法 : 招待客のみ 文協青年統括委員会の中の「文協架け橋委員会」は、6月20日の国際日系デーを祝賀し、その当日に「日系ブラジル人の価値観についての考察」と題したパネルディスカッションおよびカクテルパーティを開催します。 国際日系デーとは 1868年6月20日は、日本人による海外移住の先駆である集団移住者「元年者」がハワイに上陸した日であり、近代日本において日本人が初めて世界に雄飛した記念すべき日です。

続き

ブラジル日本移民116周年法要およびミサのお知らせ

6月18日はブラジル日本移民の日  今から116年前の明治41年、ブラジルへの第1回契約移民781名を乗せた笠戸丸が、50日余りかけて、6月18日の朝、サントス港第14埠頭に着岸しました。ブラジルの日系社会ではこの日を「ブラジル日本移民の日」として記念し、毎年、仏式法要およびキリスト教のミサを行っています。なお、日本においても、1966年に総理府(現内閣府)により「海外移住の日」と定められ、様々な記念行事が行われています。 移民の日 先駆者慰霊追悼ミサ 先駆者慰霊ミサ 日 時:2024年6月18日(火)8時~場 所:São

続き

3ªPalestra Live-Online『日本映画からみる日本の心』6月8日(土)16h~

ブラジル日系社会を担うリーダー育成プログラム 既にご存知のように、ブラジル日本移民116周年を迎えた今日、その子孫は約270万人を数えるまでになりました。しかしながら、時の流れと共に日本語を理解しその精神文化に精通する日系人は著しく減少しているのが現状です。それに伴い、ブラジル全土に広がる約400の日系団体は、今後のブラジル日系社会を支える次世代の後継者育成が急務との、共通の課題を有しております。 そこで文協国際交流委員会では、後継者にとって必要なことは先ず祖国「日本」を知ることに始まると考え、昨年より毎月一回、合計11回のオンライン勉強会を開催したところ、大変好評であったため、本年も引き続き開催することと致しました。(2か月に1回 / 第2土曜日)もちろん、日本文化に関心のある非日系人の方々の視聴も歓迎しています。

続き

「劇場版ハイキュー‼ ゴミ捨て場の決戦」ブラジル上映決定!5月30日から

日本だけでなく、世界からの支持を得た「劇場版ハイキュー‼ ゴミ捨て場の決戦」が、5月30日からここブラジルでの上映が決定しました! 映画の詳細は、アニメ『ハイキュー!!』公式サイト をご覧ください。 文協は、「ブラジル社会において日本文化の継承と普及を促進する」という文協が掲げる理念に基づき、ブラジルにおける日本の映画の普及を応援しています。

続き