報告 宮沢和史さんスペシャルショー

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

20180721 185406記:2018年8月20日

110anos logos hor

「ブラジル日本移民110周年記念式典で、歌って下さいませんか?」日本の有名な歌手であり、作詞作曲家でもある宮沢和史さんに連絡を取ったところ「もちろん!」という答えが返ってきました。

宮沢さんは、ブラジル日系移民はもちろんアルゼンチンやペルーの日系移民とも交流を持ち、南米の日系移民に対して特別な想いを寄せてくださっている数少ない日本の有名歌手のうちの一人です。

宮沢さんは私たちの願いを快く聞き入れ、遠いブラジルへ、何の報酬を受け取ることもせず、ただただ移民110周年を祝うために駆けつけてくださいました。

ブラジル日本移民110周年記念祭典委員会の菊地義治実行委員長は、「110周年式典を盛り上げるため準備している芸術ショーに加え、この記念すべき瞬間をさらに特別なもとするためには、もっと国際的に魅力のあるショーが必要」と考え始めました。

それを受け、副実行委員長の上原テーリオ氏が「宮(友人やファンの間で呼ばれる愛称)のショーが最適なのでは」と提案し、委員会全員一致で可決されました。

宮沢さんはブラジル日本移民100周年記念の際も来伯し歌ってくださっている事に加え、ブラジル音楽をこよなく愛している事、「島唄」や「風になりたい」など日本音楽の歴史の中で数々のヒット曲を持つ有名な歌手である事、何より代表曲とも言える「島唄」は、南米、ロシア、イギリスなど多くの国の歌手たちによってカバーされ、国際的認知度が高い歌手である事は、ここブラジル日系社会においても言わずと知れたことでした。
このように、上原氏の提案は満場一致で可決されたものの、現実的な問題(出演料や交通費、宿泊費等の経費)が立ちはだかりました。なぜなら110周年式典の殆どはボランティアスタッフで形成されており、式典の経費は、各企業や個人からの寄付によってまかなわれ、トヨタブラジル社がプリウスを、ホンダサウスアメリカ社がシビックを、祭典委員会に寄贈して下さったものをそれぞれ目玉とした「リッファ(抽選協力券)」を販売するなどして資金調達をしていました。よって、これだけの国際的歌手にショーをお願いするだけの金銭的余裕がなかったのです。
そこで祭典委員会は宮沢さんに「出演料はお支払いできないのですが、式典で歌って下さいませんか?」という手紙を送付することにしました。日にちも押し迫っている中での厚かましいお願いであったにもかかわらず、宮沢さんは快く了承して下さったのです。
また同委員会が協力を求めた、ブラジル・日本両国の橋渡しをしている全日空(ANA)は、このプロジェクトへの支援を快諾し、宮沢さんへのビジネスシートを確保して下さいました。さらに「世界から認められる日系人女性経営者」としてブラジルでも有名な青木智恵子社長が、ブラジルで経営する23箇所のブルーツリーホテルズの内のサンパウロホテルの一室を提供して下さり、全ての準備が整いました。

ブラジル日本移民110周年記念式典当日、日本の皇室より眞子内親王殿下のご臨席を賜り正午より挙行される式典の前後をはさんで様々なショーのプログラムが組まれる中、宮沢和史さんのスペシャルショーは18時からの予定となっていました。

20180721 181135

熱気を帯びた会場に宮沢さんが登場すると大きな歓声が沸きあがり、熱気は更に高まり、会場は独特の雰囲気に包まれました。

20180721 182902

宮沢さんは、ミュージシャンのフェルナンド・モウラとパーカッションのマルコス・スザノを伴い、時には自らさんしんを演奏しながら、またブラジルの「琉球國祭り太鼓」の若者達を交えながら、名曲の数々を披露しました。特に観客を魅了したのは、「風になりたい」、ブラジル日本移民を想って作った「足跡のない道」、「世界でいちばん美しい島」そして何より「島唄」でした。(宮沢さんのダンスも会場を沸かせたうちのひとつです!)
宮沢さんは、驚くほどポルトガル語が流暢だったにもかかわらず「ポルトガル語は自信がないから」と途中から通訳を付けて「10年前の移民100周年に続き今度は移民110周年を祝うため、こうしてまたブラジルに来れたことは大変嬉しい」と話しました。また「『110年』を、『たった110年』、と言っていいのかわからないけれど、110年というあいだで、ブラジルにおける日系の人たちはここまでの基盤を築き上げ、しかもブラジルにとって、なくてなならない存在にまでなった事は、尊敬に値する。」としみじみと語った言葉は、人々の胸を熱くしました。
ショーが終わり、宮沢さんが舞台を後にしたのは時計が午後7時をまわった後でした。
会場からはアンコールの拍手が沸き起こり、それに応えて宮沢さんは更にもう1曲披露して舞台を後にしましたが、それでもまた名残惜しい雰囲気はしばらく続きました。

このように、宮沢さんをはじめとする多くの企業、個人の皆様の温かいご支援、ご協力によって成立したブラジル日本移民110周年記念式典に対して「とてもよい式典だった!」という数多くの声が寄せられました。

宮沢和史さん、ブラジル日本移民110周年記念式典に惜しみないご協力を頂き、心に残る素晴らしいショーを、どうもありがとうございました!

ニュース

CIATE コラボラドーレス会議 12月3、4日

在サンパウロ国外就労者情報援護センター(CIATE)主催 文協ネットワークプロジェクト委員会後援 国際シンポジウム開催のお知らせ CIATEでは、毎年、日本及びブラジルの当局者や、日本での就労・教育に携わる方を招いて日系ブラジル人の日本での就労に関するシンポジウムを開催しています。2021年度のシンポジウムは、「コロナ禍における在日ブラジル人の挑戦と2022年に向けた展望」というテーマのもと、12月3日(金)午後8時から、及び12月4日(土)の午前8時から、2回に渡って行われます。 本年のシンポジウムはCIATEのYouTubeチャンネルを通してのオンライン開催となります。(事前登録等は不要)ぜひご参加ください。 12月3日(金)午後8時~https://youtu.be/PZw2dDzRDig (ポルトガル語)

続き

報告:第50回山本喜誉司賞授賞式

去る11月5日、文協ビル貴賓室において、農業分野における日系人功労者に対して贈られる「第50回山本喜誉司賞表彰式」が行われました。新型コロナウイルス感染症拡大防止策のプロトコルに従い、今回は入場者の人数を制限しての開催となりました。3名の受賞者には、表彰状と花束に加え、石川レナト文協会長より、自身が経営するファゼンダ・アリアンサのコーヒーメーカーが贈呈されました。表彰式の後は会場をテーヒオに移し乾杯、夕食会へと続きました。 なお3名の受賞者は以下の通りです。 おめでとうございます! 岸本 晟 氏

続き

オンラインライブ「“Arigatô Mogi”」11月27日(土)8h~

モジ・ダス・クルーゼス文化協会主催オンラインライブ「“Arigatô Mogi”」11月27日(土)8h~ 平田ジョーエのプロデュース、ヤマイ・ケンジの演出にて、日本の歌謡曲やダンスのショーをオンラインにて開催します! 日本からは歌手のマルシアとエドアルドが参加!! どうぞお楽しみに!!!

続き

通常運営時間再開のお知らせ 8月26日~

サンパウロ州政府が策定した経済活動再開計画(Plano Sao Paulo)に基づき 、文協の各機関はCOVID-19感染防止策を徹底した上で、下記の通り8月26日から通常業務時間にて運営を再開致します。 •

続き

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *