☆琵琶リサイタルのお知らせ☆ 日本館

akiko sakurai biwa記:2018年11月8日
  日 時:2018年11月15日(木・祝日)11時~12時半
  場 所:イビラプエラ公園内 日本館
  入館料:大人10レアル / 小人5レアル

日本館運営委員会の副委員長であり、尺八奏者でもあるシェン・リベイロさんの招待により、薩摩琵琶奏者の櫻井亜木子さんを日本からお迎えし、琵琶と尺八によるリサイタルを開催します。

櫻井さんは、「『琵琶』は音楽を奏でる『楽器』であることはもちろんですが、例えば、台所の火の神への祈りや、死者の魂を慰めるなどの宗教的、精神的な側面を持っています。」と話しています。

また櫻井さんは、日本文化庁による「文化交流使」の任命を受け、2015年の日本ブラジル外交関係樹立120周の折にも来伯し、聖市、リオ、パラナ州マリンガなど国内各地で巡回公演を行った経験があります。

15日の祝日には、是非、日本館で奏でられる琵琶の音色に酔いしれるひとときをお過ごし下さい。

なお、日本館へのアクセスは、イビラプエラ公園ゲートNo.3もしくはNo.10が最寄ゲートとなります。

 お問い合わせ:(11)5081-7296 / (11)3208-1755

 

また、櫻井さんは日本館での演奏以外に、11月11日(日)16時30から、サンパウロ市立劇場にて、オーケストラと共に琵琶奏者として出演も予定されています。

 

 

ニュース

報告:日系主要6団体主催 ブラジル独立200周年記念パレード

去る9月4日、ブラジル独立200周年を記念して、日系ブラジル人団体が推進したパレードの成功に満足した文協の石川レナト会長は、「素晴らしかった!」と話しました。 「当日の寒さにも関わらず、リベルダーデ大通り沿いを挟んだ左右の歩道に集まった人々は誰も動かず、パレードのグランドフィナーレとなる『ありがとうブラジル』の歌まで見守っていました。」と付け加えました。 文協の西尾ロベルト義弘副会長は、「この市民パレードは、文協の儀典委員会の福原カルロス委員長の長年培た経験があったからこそ、成すことが出来ました。」と述べました。「サンパウロ州軍警騎馬隊と陸軍音楽隊などの参加を得たことでもわかるように、州や市当局の良好な関係を築き、リベルダーデ大通りを封鎖してのパレード開催が可能となったのは福原氏の尽力の賜物です。」と話しました。 ブラジル独立200周年記念パレード関連サイト≫≫≫ 日本情緒あふれる市民パレード

続き

ブラジル日本移民史料館9階 リニューアルオープン

お待たせいたしました! 去る2022年6月22日のブラジル日本移民史料館9階リニューアルオープニングセレモニーを経て、一般公開が始まりました。 前例のない展示品としては、「日本刀のコレクションスペース」と、アニメや漫画、コスプレ、ジャスピオンなどの戦隊ヒーローのアイテムを揃えた日本のさまざまな時代のアイテムを紹介する「ポップカルチャーコーナー」が挙げられます。 Previous Next

続き

水曜フリーマーケット👕🍱📚10月5日(水)10時~

毎月第一水曜日に開催する「文協シネマ」と「水曜フリマ」、10月は都合によりフリーマーケットのみの開催となります。多くの方のご来場をお待ちしております。 水曜フリーマーケット 日 時:2022年10月5日(水)10時~15時場 所:文協ビル大講堂前ロビー フリーマーケットには、古着(新品あり)、雑貨、古本、アクセサリー、ハンドメイド作品、和菓子、弁当、お漬物などが出品されます。掘り出し物が見つかるかもしれません!どうぞ、お気軽にお越しください。 ※この水曜フリマは文協図書館が主催しています。出展希望の場合は文協図書館(電話:3208-1755)までお問い合わせください。

続き

在聖日本国総領事館からのお知らせ:架電による在留状況確認へのご協力のお願い☎10月11日まで

在聖日本国総領事館より以下のお知らせが届きましたので、共有致します。 在留状況確認調査へのご協力のお願いについて この度、外務本省からの指示により、在留邦人の皆様の在留状況及び在留届の記載内容を確認するため、特定の対象者の方に対し、現在も当館管轄内に在住しているかどうか等について当館から電話して確認させていただいております。  架電対象者等は以下のとおりですので、着信があった際にはご協力をお願いいたします。  架電対象者:当館に在留届を提出している「長期滞在者」及び「永住者」のうち、メールアドレスの登録がない方及び当館からのメールが配信できなかった方

続き