ブラジル日本移民110周年記念慈善ディナー・ショー

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

記:2018年11月27日

evento

110anos logos horブラジル日本移民110周年記念祭典委員会は、本年の締めくくりとして、祭典事業に多大な協力のあった方々の表彰式および、ブラジル日本アマチュア歌謡連盟と共催で演歌歌手エドアルドさんを日本から招いての「ブラジル日本移民110周年記念慈善ディナー・ショー」を開催します。

 

 

日時:1130日(金)1830分~ / 場所:文協ビル 多目的ホール

入場料:250レアル(お一人様につき)※チケットは文協事務局にて好評販売中! 

エドアルドさん(34歳)は生後すぐ、日系人の家庭で育てられました。そこで耳にした「浪花節だよ人生は」が、彼を演歌歌手に導くきっかけの曲となりました。日本でデビューすることを夢見て、26歳の時義母のナツエさんとともに日本へ。親子二人で生計を立てながら下積生活をし、2015年に念願かなってプロダクションオーロラからデビュー。翌年には、「第49回日本有線大賞」の新人賞を受賞するなどの快挙を遂げました。

 

eduardo

 

 

現在は、今年8月に発売した4枚目の「じょんがらひとり旅」も好評で、NHK-BSプレミアム「新・BS日本のうた」などテレビ番組にも出演するなど、活躍の場を広げています。

ディナーショーでは、デビュー曲「母きずな」など10曲を披露してくれます。どうぞお楽しみに!

 

なお、このショーでの収益金は、ブラジル日本文化福祉協会、サンパウロ日伯援護協会、救済会憩の園の3団体へ寄付されます。

 

お問い合わせ:

ブラジル日本移民110周年記念祭典事務局(113208-5519 イマモトまで

ニュース

CIATE コラボラドーレス会議 12月3、4日

在サンパウロ国外就労者情報援護センター(CIATE)主催 文協ネットワークプロジェクト委員会後援 国際シンポジウム開催のお知らせ CIATEでは、毎年、日本及びブラジルの当局者や、日本での就労・教育に携わる方を招いて日系ブラジル人の日本での就労に関するシンポジウムを開催しています。2021年度のシンポジウムは、「コロナ禍における在日ブラジル人の挑戦と2022年に向けた展望」というテーマのもと、12月3日(金)午後8時から、及び12月4日(土)の午前8時から、2回に渡って行われます。 本年のシンポジウムはCIATEのYouTubeチャンネルを通してのオンライン開催となります。(事前登録等は不要)ぜひご参加ください。 12月3日(金)午後8時~https://youtu.be/PZw2dDzRDig (ポルトガル語)

続き

報告:第50回山本喜誉司賞授賞式

去る11月5日、文協ビル貴賓室において、農業分野における日系人功労者に対して贈られる「第50回山本喜誉司賞表彰式」が行われました。新型コロナウイルス感染症拡大防止策のプロトコルに従い、今回は入場者の人数を制限しての開催となりました。3名の受賞者には、表彰状と花束に加え、石川レナト文協会長より、自身が経営するファゼンダ・アリアンサのコーヒーメーカーが贈呈されました。表彰式の後は会場をテーヒオに移し乾杯、夕食会へと続きました。 なお3名の受賞者は以下の通りです。 おめでとうございます! 岸本 晟 氏

続き

オンラインライブ「“Arigatô Mogi”」11月27日(土)8h~

モジ・ダス・クルーゼス文化協会主催オンラインライブ「“Arigatô Mogi”」11月27日(土)8h~ 平田ジョーエのプロデュース、ヤマイ・ケンジの演出にて、日本の歌謡曲やダンスのショーをオンラインにて開催します! 日本からは歌手のマルシアとエドアルドが参加!! どうぞお楽しみに!!!

続き

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *