報告:2018年秋の叙勲祝賀会

記:2018年12月17日
12月5日、文協ビル貴賓室にて「平成30年秋の叙勲受章者祝賀会」が開催されました。会場には、サンパウロ管内での受章者5名を祝うため、在聖総領事館楠彰首席領事をはじめとする日系団体や日系企業37団体の代表者やそれぞれの家族、友人など約140名が詰め掛けました。

それぞれの受章者の胸には、既に当日午前に、在聖総領事公邸に招かれ伝達された勲章が付けられ特別の光を放っていましたが、それと同じくらい、もしくはそれ以上に受章者の表情が輝いていたのが印象的でした。

主催団体を代表し、挨拶に立った文協の呉屋春美会長は「本日、日系社会を代表し、祝賀会を開催できることは大変光栄です。あらためて、5名の受賞者の方々の社会への献身に心から感謝申し上げます。」と述べました。

03

続いて挨拶に立った楠彰総領事は「ブラジルは、日本にとって最も親しみやすい国の内の一つです。日系移民の皆様方が日伯友好に多大な貢献を頂いていることを日本政府は良く理解しております。」と強調しました。

受章者の岩原勝一氏(85/旭日単光章)は「自分は勉強する機会を持てず、学歴はないが、先輩や家族の支えのお陰で、今までやってこれました。」と謙遜して話しました。

石井千秋氏(77/旭日単光章)は「予期せぬ受章の知らせに大変驚きました。」と話し「自分の夢を追求して帰化し、1972年にミュンヘンオリンピックに参加し、銅メダルを獲得することができました。自分がブラジルにおいて柔道の普及を引き起こすことができるとは、夢にも思っておりませんでした。」と述べました。

元山光男氏(89/旭日双光章)は「長年において結ばれたアラサツーバ地域全体の団体、そして多くの人々、また子どもたちの助けがあってこそ成し得たことです。」と話し、「すべて皆様のお陰です。」と強調しました。

貞方賢彦氏(76/旭日双光章)は、ブラジルでのヤクルト商工(株)の活動開始から50年、またブラジル日本移民110周年という特別な記念の年に受章できたことに感慨深げに「ブラジルにおいて、雨の日も晴れの日も絶え間なく、ヤクルト商工を豊かにするのを手伝ってくれたすべての人に深い感謝を表したいと思います。」と話しました。

西尾義弘ロベルト氏(75/旭日双光章)は、本日の祝賀会の主催者や集まった全ての日系団体および人々に対して心からのお礼を述べながら「ある時点で、自分の内に眠っていたボランティア精神が、革新的な火花によって目覚めさせられた」と語り「いつの日か、本当に頂いた叙勲の価値にふさわしい人物となれるようがんばりたい」と締めくくりました。

続いて、公式写真撮影の後、サンパウロ日伯援護協会会長の与儀昭雄氏による音頭で乾杯し、夕食会へと移りました。

ニュース

ワークショップのご案内@文協文化祭り 

5月25日(土)、26日(日)に開催する文協文化祭りでは、日本文化を体験できる様々なワークショップを準備しています。 全てのワークショップはご予約無しで、参加できます。※有料のワークショップもあります。以下を確認してください。※ワークショップの内容は予告なしに変更されることがあります。予めご了承ください。 ☆☆文協工芸委員会主催のワークショップ☆☆ 『陶芸教室』 ・土,日の両日とも14h~

続き

文協シネマ🎥文協文化祭り期間中に上映

文協の会員拡充委員会(委員長:松尾 エンリケ)は、国際交流基金サンパウロ日本文化センター(所長:田村大吾)の協力のもと、文協文化祭りの期間中に文協大講堂にて2本の映画を上映します。入場無料、ポルトガル語の字幕付き、となっています。 第18回文協文化祭りと合わせて、どうぞ、お楽しみください! 2024年5月25日(土) 10h30~  新海誠監督作品『

続き

3ªPalestra Live-Online『日本映画からみる日本の心』6月8日(土)16h~

ブラジル日系社会を担うリーダー育成プログラム 既にご存知のように、ブラジル日本移民116周年を迎えた今日、その子孫は約270万人を数えるまでになりました。しかしながら、時の流れと共に日本語を理解しその精神文化に精通する日系人は著しく減少しているのが現状です。それに伴い、ブラジル全土に広がる約400の日系団体は、今後のブラジル日系社会を支える次世代の後継者育成が急務との、共通の課題を有しております。 そこで文協国際交流委員会では、後継者にとって必要なことは先ず祖国「日本」を知ることに始まると考え、昨年より毎月一回、合計11回のオンライン勉強会を開催したところ、大変好評であったため、本年も引き続き開催することと致しました。(2か月に1回 / 第2土曜日)もちろん、日本文化に関心のある非日系人の方々の視聴も歓迎しています。

続き

海外日系人協会からのお知らせ:「クイズ!NIKKEI around the WORLD」第2弾開催-クイズ回答〆切は6月9日

公益財団法人海外日系人協会から、以下のお知らせが届きました。 今年も、6月20日の「国際日系デー」が近づいて参りました。当協会では、昨年開催し好評を得た「クイズ!NIKKEIaround the WORLD」の第2弾を開催します。今回は、世界各地の日系コミュニティよりお寄せいただいた情報を元にクイズを出題しています。全問正解者へは賞品もご用意していますので、ぜひとも挑戦してみてください♪ ▼イベントの詳細・参加方法(クイズの回答送付)はコチラから!! 主に日本国内へ向けたPRイベントのため、日本語のみによる出題と動画配信となっておりますが、海外からもふるってご参加いただけますと幸いです。 クイズの回答は、上記URLよりフォームで受付け中!!(応募〆切:6月9日)

続き

第54回文協工芸展 作品募集中-6月2日まで延長

文協の工芸委員会(委員長:石田オルガ)は、第54回文協工芸展への出展作品の募集を3月29日から開始しました。〆切は、5月17日まで。   6月2日まで延長します。 例年、工芸展と美展および現代美術展を合わせ、「総合美術展」として開催していましたが、それぞれの部門において作品の応募がかなり多く、才能溢れる作品も多数あるため、今年度は「工芸展」として別の日に単独開催することになりました。なお、工芸展は2024年10月12~27日を予定しています。(美術展は2024年11月23日~12月8日) 工芸展への作品出展に関する規定はコチラ≫≫≫ 54ª EXPOSIÇÃO

続き

パッセイオ5月21日(火) 🚌 参加申込受付中!

イミグランティス・エコロジックパーク&ブラジル日本移民史料館を巡るパッセイオ 【日 時】2024年5月21日(火)8時~15時30分【料 金】一人150レアル(前払い)※貸切りバス(ガイド付き)、各所入場料込、弁当代込【申込方法】文協事務局 (11) 3208-1755(担当:ユウリ)までお電話ください お待たせいたしました!文協の会員拡充委員会が主催する大好評のイミグランティス・エコロジック・パーク&ブラジル日本移民史料館をめぐる次回のパッセイオは2024

続き