農業分野の日系人功労者を顕彰する「第50回山本喜誉司賞」推薦受付開始

締め切り:2021年5月25日 まで

山本喜誉司賞とは

この賞名の由来となった山本喜誉司氏は、コーヒー栽培の害虫駆除に有効なウガンダ蜂の研究で、ブラジル日系社会はもとよりブラジルにおける農業の分野で多大なる貢献を成し、母校東京大学から農学博士を授与された方です。

また同氏は文協創設者の一人であり、初代会長としてブラジル日系社会をまとめた人物でもありました。

そんな山本氏が何より熱意を傾けていたのが、農業分野における日系人後継者の育成でした。

この志を引き継ぐべく、1965年にブラジル農業技術研究協会(ABETA)は農業分野で貢献のあった日系人の個人や団体を顕彰する山本喜誉司賞(PKY)を開始しました。1999年にはABETAから文協へと託され、すでに163名の日系人または日系団体が顕彰されています。
現在、同賞は、ブラジルの農業部門における最も伝統的な賞のうちの一つとなっています。

 

選考基準

以下のいずれかに該当し、かつ2団体以上から推薦を受けること。

◆技術革新への貢献
◆独創性・創意への先駆的貢献
◆農業者が獲得した成果の波及への貢献
◆財政・経済的成功による農業分野での貢献
◆環境保全への貢献
◆地域社会での活躍や社会への貢献

詳細およびお問い合わせ

電話:文協事務局(011)3208-1755
メール:evento@bunkyo.org.br   (担当 :佐藤エジナ)

なお、授賞式は2021年11月5日(金)文協ビルにて開催を予定しています。

沢山のご応募をお待ちしております。

ニュース

ブラジル日本移民史料館9階 リニューアルオープン

お待たせいたしました! 去る2022年6月22日のブラジル日本移民史料館9階リニューアルオープニングセレモニーを経て、一般公開が始まりました。 前例のない展示品としては、「日本刀のコレクションスペース」と、アニメや漫画、コスプレ、ジャスピオンなどの戦隊ヒーローのアイテムを揃えた日本のさまざまな時代のアイテムを紹介する「ポップカルチャーコーナー」が挙げられます。 Previous Next

続き

第25回桜まつり 往復バスチケット販売中!

文協国士舘公園 第25回桜まつり 7月2,3,9,10日 今年も文協ビル前からサンロッケ市の文協国士舘公園までの往復バスチケットを販売しています! チケット代はお一人様50レアル、バスの時間は文協前発8時もしくは9時の2タイプからお選びください。(文協国士舘公園の入場料は無料です) 往復バスチケット料金:お一人様 50レアル 出発時間:

続き

報告:パラナ州 ロンドリーナ 「Japan Expo 」

去る6月15日から19日まで、パラナ州ロンドリーナ市において、ロンドリーナ中央日伯文化体育協会(ACEL)が主催するExpo Japãoが開催され、その中で114周年が祝賀されました。 なお、このイベントは、パラナ北部では恒例となった第56回農業物産展で幕を開け、18,19日には第9回Agroinovatec - 農業におけるテクノロジー・イノベーション・シンポジウムも開催されました。 文協の石川レナト会長も出席し、交流を深めました。 Previous

続き

第55回コロニア芸能祭 6/25(土),26(日)10h~

日 時:2022年6月25日(土)10時より15時まで          26日(日)10時より17時まで場 所:文協大講堂入場料:無料ただし1㎏の保存可能な品物(砂糖,コーヒー,洗剤など)の寄付をお願いしています。ご寄付頂いた品は日系福祉団体へ寄贈いたします。 新型コロナウイルスパンデミックのため2年間延期となっていたコロニア芸能祭を再開します! 日本の伝統芸能である日本舞踊や民舞、和太鼓、日本民謡、詩吟、大正琴などの数々の演目に、現代のリズム体操やカラオケなどの発表も加わり、毎年好評を得ています。 この芸能祭の醍醐味と言えば、2日間で合計100以上の演目が演じられることです。

続き

毎月第一水曜日は「文協シネマ&フリマ」の日☆7月6日

毎月第一水曜日に開催する「文協シネマ」と「水曜フリマ」、7月は6日です!多くの方のご来場をお待ちしております。 ※サンパウロ市の政令(Decreto Municipal nº 60.989/2022)により義務付けられている通り、新型コロナウイルス感染症に対する2回(もしくは1回)のワクチン接種証明の提示が必要となりますことを、予めご了承ください。

続き