報告:第50回山本喜誉司賞授賞式

去る11月5日、文協ビル貴賓室において、農業分野における日系人功労者に対して贈られる「第50回山本喜誉司賞表彰式」が行われました。
新型コロナウイルス感染症拡大防止策のプロトコルに従い、今回は入場者の人数を制限しての開催となりました。
3名の受賞者には、表彰状と花束に加え、石川レナト文協会長より、自身が経営するファゼンダ・アリアンサのコーヒーメーカーが贈呈されました。
表彰式の後は会場をテーヒオに移し乾杯、夕食会へと続きました。

なお3名の受賞者は以下の通りです。 おめでとうございます!

岸本 晟 氏 (81歳/兵庫県出身/サンパウロ市ヴィラ・ソニア在住)

蔬菜類(そさいるい/人工的に栽培して副食物とする草本作物の総称)の育種、カリフラワーをはじめ様々な野菜の交配種、イチゴのウイルス・フリー苗等の開発、肥培管理の指導と普及、またJICAの事業を通じて土壌、肥培管理についての有益な資料を作成しブラジル農業に多大な貢献をなした功績が認められました。
岸本氏は表彰式の受賞者挨拶で、授賞に対する感謝を述べた後、農業技術者としてブラジルに来たこと、その際、山本喜誉司氏が管理するモンテデステ農場で働いていたと話しました。

平上 文雄 氏(72歳/和歌山県出身/サンタ・カタリーナ州サンジョアキン市在住)

リンゴをはじめとする果物の栽培、ワイン用ブドウの生産とワインの製造、それら生産物の流通販売と国外輸出。
生産量と品質は国内屈指。地域の雇用、ビジネス、教育環境分において地域社会へ多大な貢献が認められた。
平上氏は表彰式の受賞者挨拶で、授賞に対する感謝を述べた後、自身が14歳でブラジルの契約農場に到着した時、日系社会では山本喜誉司氏のお通夜がいとなまれており、農場の主人タケナカ・タダシ氏より「山本氏はブラジル日系社会の父」と聞かされ、深く印象に残っていたと話しました。

成田 信義 氏(60歳/二世/プレジデンテ・プルデンテ在住)

成田氏は、ロンドリーナ州立大学を1958年に卒業した農業技術者。
聖州立大学ボツカツ校(UNESP Botucatu)で園芸学の修士号と博士号を取得。
86年から約1年間、秋田県立農業大学校で奨学金を得て技術研修を行う。
現在は聖州アグロフォレストリー技術局の科学研究員として在籍。
ブラジル農業の技術的発展に寄与した実績が認められた。
成田氏は表彰式の受賞者挨拶で、授賞に対する感謝を述べた後、両親は農業移民として来る日も来る日も必死で働き、兄弟全員を大学に通わせてくれた。以来、自分は技術の面でブラジル農業を支える決心をした、と話しました。

表彰式後の夕食会

ニュース

第13回文協全伯俳句大会(8月21日)のご案内 〈兼題投句〆切は6月30日〉

主催:文協にっけい文芸委員会 俳句部門 俳句委員会 5月に入り寒冷前線の冬期到来が予想せれておりますが、俳句愛好者の皆様如何お過ごしでいらっしゃいますか。コロナ禍の影響で二年間俳句大会を中断しておりましたが、三年振りに大会開催の運びとなりました。今回は日伯交流のため、日本より選者を一人お願いしております。皆様こぞって投句、大会参加をお待ち申し上げております。   第13回 全伯俳句大会 日 時:2022年8月21日(日)午前8時より受付開始場 所:文協ビル1階会議室参加費:お一人様 50レアル兼 題:兼題「冬季一切」    席題「春季一切」(当日テーマを出す)〆 切:6月30日必着 (選者〆切は7月31日)投句方法:各自文協宛に投句

続き

文協国士舘公園「未来への桜プロジェクト」第2弾  受付中!

ブラジル独立200周年記念 文協国士舘公園 未来への桜プロジェクト第2弾 4月3日(日)の朝、サンロッケ市の文協国士舘公園に関係者ら約30名が集まり、「未来への桜プロジェクト第2弾」の立ち上げ式が行われました。儀典担当理事の福原カルロス氏が司会進行したこの立ち上げ式には、石川レナト会長をはじめ、山下譲二評議員会会長、副会長の西尾 ロベルト 義弘、佐々木

続き

農業分野の日系人功労者を顕彰する「第51回山本喜誉司賞」推薦受付開始 申請〆切:6月3日

推薦締め切り:2022年6月3日 山本喜誉司賞とは この賞名の由来となった山本喜誉司氏は、コーヒー栽培の害虫駆除に有効なウガンダ蜂の研究で、ブラジル日系社会はもとよりブラジルにおける農業の分野で多大なる貢献を成し、母校東京大学から農学博士を授与された方です。 また同氏は文協創設者の一人であり、初代会長としてブラジル日系社会をまとめた人物でもありました。 そんな山本氏が何より熱意を傾けていたのが、農業分野における日系人後継者の育成でした。

続き

「永遠にありがとう」訃報 池崎 博文 氏

「いまどきの若者は何の関心も示さない」彼はニッケイパレスホテルのレストランの横のテーブルに腰掛け、苦い口調でこう言いました。 このセリフは、このホテルのオーナーである池崎博文さん(94歳)から発せられたものでした。 これは、サンパウロ市のカーニバルに出演するためのサンバグループ「Brinco da Marquesa

続き