ありがとうございました!報告:夏の文化まつり

サンロッケ市の文協国士舘公園にて開催した特別バージョン「夏の文化まつり」は、サンパウロ州政府が解放空間でのマスク義務免除を発表してすぐの2022年3月12,13,19,20日の合計4日間にわたり開催され、約2850人の来場者でにぎわいました。

「文化まつり」といえば「秋」に開催するイメージがあり、ここブラジルでも毎年秋の季節に当たる5月に開催していました。
しかし今回は特別バージョンとして夏の時期に、また屋外での開催という利点を生かし、日本の夏の代名詞とも言える「花火大会」と「そうめん流し」の体験コーナーを初設置。

それ以外にも「かき氷」や「スタンプラリー」を準備して来場者を迎えました。

空を彩る打ち上げ花火

打ち上げ花火は12,19日の両土曜日の夜に行いました。
12日の打ち上げ花火の動画をすぐさまインスタグラムにアップしたところ、約1万2千回(2022年3月30日現在)の再生回数となっています。

流しそうめん体験

こどもたちはもちろん、大人たちも童心にかえって、流しそうめん体験を楽しみました。

Kakigori - refrescante e deliciosa raspadinha
Passaporte de atividades

日本の夏の代名詞「かき氷」と「スタンプラリー

日本の文化体験と、待ちに待った対面でのイベント!

ステージややぐらの周りでは、「交流」を意識し、観客を前にただ演奏や発表を行うスタイルから一歩踏み出した取り組みをしました。
演奏の途中で観客にバチを渡し、一緒に演奏に加えて楽しんでもらったり、演奏の後で三味線や尺八の体験コーナーも行いました。

Clique na imagem para ampliar
Clique na imagem para ampliar

茶道裏千家ブラジルによる茶道体験

この文協国士舘公園は、その名の通り、日本の国士舘大学より寄贈をうけた場所です。
詳しくは文協国士舘公園のサイトをご覧ください。

この場所で行われるイベントは、サンロッケ市の公式カレンダーにも記載される「文協桜まつり」が有名です。

自然に恵まれたこの場所をもっともっと活用し、日本文化発信の中心的で魅力的な場所として認識されることを目指して、今後も様々な取り組みをしていきたいと考えています。

 

夏の文化まつりは、独立行政法人国際協力機構(JICA)の支援および、宮坂国人財団 , ホンダ , カフェ・ファゼンダ・アリアンサ, サクラ・ナカヤ・アリメントス,サンスイの協力の下、日本国在聖総領事館,サンロッケ市役所,ブラジル日本都道府県人会連合会,こどものその,アルファ・アリメントス,なかみせ屋, ICD,ブラジル日報, Jonal Nippon já,ブラガンサ・パウリスタ青年会,文協青年統括委員会,マジック・シティーの後援により、開催致しました。

何千人もの人々に日本の夏まつりを味わうことができるこのユニークで特別なイベントを開催することを可能にしてくれたすべてのスポンサー、サポーター、協力者、参加者に感謝します!

ニュース

文協国士舘公園「未来への桜プロジェクト」第2弾  受付中!

ブラジル独立200周年記念 文協国士舘公園 未来への桜プロジェクト第2弾 4月3日(日)の朝、サンロッケ市の文協国士舘公園に関係者ら約30名が集まり、「未来への桜プロジェクト第2弾」の立ち上げ式が行われました。儀典担当理事の福原カルロス氏が司会進行したこの立ち上げ式には、石川レナト会長をはじめ、山下譲二評議員会会長、副会長の西尾 ロベルト 義弘、佐々木

続き

農業分野の日系人功労者を顕彰する「第51回山本喜誉司賞」推薦受付開始 申請〆切:6月3日

推薦締め切り:2022年6月3日 山本喜誉司賞とは この賞名の由来となった山本喜誉司氏は、コーヒー栽培の害虫駆除に有効なウガンダ蜂の研究で、ブラジル日系社会はもとよりブラジルにおける農業の分野で多大なる貢献を成し、母校東京大学から農学博士を授与された方です。 また同氏は文協創設者の一人であり、初代会長としてブラジル日系社会をまとめた人物でもありました。 そんな山本氏が何より熱意を傾けていたのが、農業分野における日系人後継者の育成でした。

続き

「永遠にありがとう」訃報 池崎 博文 氏

「いまどきの若者は何の関心も示さない」彼はニッケイパレスホテルのレストランの横のテーブルに腰掛け、苦い口調でこう言いました。 このセリフは、このホテルのオーナーである池崎博文さん(94歳)から発せられたものでした。 これは、サンパウロ市のカーニバルに出演するためのサンバグループ「Brinco da Marquesa

続き