ブラジル日本移民114周年記念事業一覧

以下に記載するブラジル日本移民114周年記念行事の全ては対面式、もしくはハイブリッド形式にて開催いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。

開拓先没者追悼法要および開拓先亡者追悼大法要

写真:仏式法要について代表者らによる打ち合わせ 2022/05/25

この法要を主催するブラジル日本文化福祉協会(文協)、ブラジル日本都道府県人会連合会(県連)、ブラジル仏教連合会(仏連)の代表者および、協力団体の文協いけ花委員会、茶道裏千家ブラジルセンターの代表者らも出席し、当日の法要に対する打ち合わせを行いました。

開拓先没者追悼法要 ( 主催: 県連 / 仏連 )

【開拓先没者追悼法要】
日  時:2022年6月18日(土)10時30分より
場  所:イビラプエラ公園 慰霊碑前
同時配信:仏連チャンネル
        降雨予想100%のため中止と致します。

開拓先亡者追悼大法要 ( 主催:文協 / 仏連 )

【開拓先亡者追悼大法要】
日  時:2022年6月18日(土)14時より
場  所:文協大講堂

同時配信:Bunkyo Digital

当日、10時半からは、県連および仏連によって、イビラプエラ公園の開拓先没者慰霊碑の前で「ブラジル日本移民開拓先没者追悼法要」が執り行われます。その様子は、仏連チャンネルで同時配信予定。

※降雨予想100%のため、中止となりました。

14時からは、文協および仏連によって、文協ビル大講堂において「開拓先亡者追悼大法要」が執り行われます。その様子は、Bunkyo Digitalで同時配信予定。

1958年に始まったこの伝統的な儀式では、サンパウロに本拠を置くさまざまな宗派の僧侶が集まり法要を執り行っています。

お問い合わせ:文協事務局(11) 3208-1755

共催:ブラジル日本文化福祉協会,ブラジル日本都道府県人会連合会,ブラジル仏教連合会

後援:在聖日本国総領事館,国際協力機構JICA,サンパウロ日伯援護協会,ブラジル日報 / JONAL NIPPO já

白寿者表彰式

写真:2019年度白寿者表彰式

日 時:2022年6月19日(日)10時より
場 所:文協大講堂

毎年、宮坂国人財団の支援を得て、ブラジル日系社会を代表する団体の責任者らが、99歳を迎えた日本人移民の子孫をブラジル日系社会を代表してお祝いしています。

本年は1923年生まれの方が対象となっておりますが、過去に白寿を迎えたもののまだ表彰されていない方も対象となっており、本年度は合計45名の方々のお名前が寄せられました。

この表彰式は、私たちのかけがえのない尊敬すべき大先輩方が、それにふさわしい敬意を表されるべく文協大講堂の舞台に上がる感動的な瞬間となっています。

日系社会全体でお祝いするべく、多くの方のご参加をおまちしております!

お問い合わせ:文協事務局 (11) 3208-1755

国際日系デー

日 時:2022年6月20日(月)19時より
場 所:イビラプエラ公園 日本館
※招待客のみ

今年の6月20日国際日系デーは、19時からイビラプエラ公園の日本館にて記念イベントを開催します。
文協の日伯架け橋プロジェクト委員会が主催するこのイベントは、予め関係者を招待する形で開催され、「世代プロジェクト」のプレゼンテーションも行われます。

この様子は録画編集され、後日BunkyoDigitalにて配信されます。

国際日系デーとは

1886年に、日本最初の移民集団である元年者が、ハワイに上陸した日に由来しています。
2018年に元年者150周年を記念してハワイで実施された第58回海外日系人大会にて、この6月20日を「国際日系デー」とすることが決定されました。
なお、この宣言は、日本から世界に広がった日系レガシーを再確認し、世界の日系間の連携を深めることを目的として制定されました。

ちなみにサンパウロ市においては、野村アウレリオ議員(ブラジル社会民主党PSDB)の働きかけにより、この6月20日が国際日系デーとしてサンパウロ市の公式イベントカレンダーに正式に登録されました。(法律17.169 / 2019)

このイベントは、ブラジル日本青年会議所およびブラジル知識管理学会の後援を受けています。

第55回コロニア芸能祭

日 時:2022年6月25日(土)10時より
          26日(日)10時より
場 所:文協大講堂
入場料:無料

ただし1㎏の保存可能な品物(砂糖,コーヒー,洗剤など)の寄付をお願いしています

新型コロナウイルスパンデミックのため2年間延期となっていたコロニア芸能祭を再開します!
日本の伝統芸能である日本舞踊や民舞、和太鼓、日本民謡、詩吟、大正琴などの数々の演目に、現代のリズム体操やカラオケなどの発表も加わり、毎年好評を得ています。
この芸能祭の醍醐味と言えば、2日間で合計100以上の演目が演じられることです。

なお、入場料は無料ですが1㎏の保存可能な品物(砂糖、コーヒー、洗剤など)の寄付をお願いしています。これは、日系の福祉団体に寄付されます。

更なるお楽しみとして、豪華賞品が当たる抽選会もあります。
みなさまお誘い合わせの上、ぜひご来場ください。

6月25日(土)、26日(日)の二日間にわたって両日10時から開催です。

主催:文協芸能委員会
スポンサー:宮坂国人財団,グループNK
後援:ブラジル日報 / JONAL NIPPO já

芸能祭公式インスタグラム: festivalgueinosai

第25回文協桜まつり

  日 時: 7月2日(土), 3日 (日)10時~17時
       7月9日(土),10日(日)10時~17時
  場 所: 文協国士舘公園
  入場料:無料
  駐車場:1台につき40レアル
  往復シャトルバス
文協前⇔桜まつり会場):50レアル/一人(文協窓口で販売中)

第25回文協桜まつり」を7月2日(土)、3日(日)、9日(土)、10(日)にサンロッケ市の文協国士舘公園にて開催します。
今年も皆さまのご要望にお応えし、少しでも多くの方に桜をお楽しみいただけるよう開催日を増やし、2週の週末計4日間を桜まつり開催日といたします。
入場は無料!(但し、駐車場は車1台につき40レアル)

同公園には沖縄桜をはじめ、ヒマラヤ桜、雪割桜の3種類、計約400本が植えられており、毎年きれいな花を咲かせます。
さらに2020年に行った「未来の桜プロジェクト」にて400本の苗木が植えられました。
なお、このプロジェクトは本年も行っています。詳しくはコチラ

ちなみに、文協と地域の日系団体が共に協力して開催する桜まつりは、同市の公式観光カレンダーにその風景が使用されるほどの風物詩となっています。

桜まつりでは、桜を愛でるだけでなく、日本文化におけるさまざまなワークショップや展示会、踊りや音楽ショー、和太鼓、武道、茶道などのデモストレーションも行われます。

毎年人気の屋台コーナーには、地域の人々が腕をふるって作る日本料理やドイツ料理、イタリア料理、ポルトガル料理のほか、地域で栽培された野菜、果物などの新鮮な農産物や、花、桜の苗木の即売会もあります。

富士フイルムが主催する、国士舘大学の美しい桜を被写体にした「文協写真コンテスト」へのエントリーもお忘れなく!

1年に1度のこの季節を味わいに、ぜひ、サンロッケへお越しください!

☆文協前⇔桜まつり会場の往復シャトルバス(50レアル/一人)を運行します。
文協窓口で販売中です。(RG、電話番号が必要です)
どうぞご利用下さい!
 

詳細: https://www.bunkyo.org.br/br/kokushikan-festival-das-cerejeiras-2022/
桜まつり公式インスタグラム: redes sociais do Parque Bunkyo

文協コンサート2022

日 時:2022年7月17日(日)11時より
場 所:文協小講堂
入場料:20レアル
  購入はこちらのサイトから≫≫≫Sympla
    なお当日は1㎏の保存可能な品物(砂糖,コーヒー,洗剤など)の寄付をお願いしています

7月17日(日)午前11時より、文協小講堂にてルーカス・ムラモトとレアンドロ・ロヴェルソによるコンサートを開催致します。

サンパウロ生まれのルーカス・ムラモトは、1歳で日本に移住し、東京でチェロのレッスンを始めました。彼は2017年にブラジルに戻り、2年間の奨学金を受けた後、オセスプ音楽アカデミーで勉強しました。彼は現在、ザルツブルクのモーツァルテウム大学とイタリアのシエナにあるアカデミア・ムジカーレ・チジャーナで勉強しています。

サンパウロで生まれたレアンドロ・ロヴェルソは、ハンガリーのブダペストにあるフランツ・リスト高等音楽院で、ユーリ・ピンゴと海外で5歳のときにピアノの勉強を始めました。彼は重要な音楽イベントで賞を受賞し、ヨーロッパとブラジルのいくつかの都市でリサイタルを行いました。 2012年に彼は東京のヤマハ銀座コンサートサロンにて、ブラジルとアルゼンチンの楽曲のリサイタルを開催しました。

ニュース

第13回文協全伯俳句大会  8月21日(日) 

主催:文協文芸委員会 俳句部門 冬期到来の中、俳句愛好者の皆様如何お過ごしでいらっしゃいますか。コロナ禍の影響で二年間俳句大会を中断しておりましたが、三年振りに大会開催の運びとなりました。今回は日伯交流のため、日本より選者を一人お願いしております。皆様こぞってご参加ください。 お待ちしております。  【第13回 全伯俳句大会】

続き

在聖日本国総領事館からのお知らせ:架電による在留状況確認へのご協力のお願い

在聖日本国総領事館より以下のお知らせが届きましたので、共有致します。 在留状況確認調査へのご協力のお願いについて この度、外務本省からの指示により、在留邦人の皆様の在留状況及び在留届の記載内容を確認するため、特定の対象者の方に対し、現在も当館管轄内に在住しているかどうか等について当館から電話して確認させていただいております。  架電対象者等は以下のとおりですので、着信があった際にはご協力をお願いいたします。  架電対象者:当館に在留届を提出している「長期滞在者」及び「永住者」のうち、メールアドレスの登録がない方及び当館からのメールが配信できなかった方

続き

おめでとうございます!第25回文協桜まつり大型TV抽選会当選者は、1歳4か月のジョナスくん!

毎年恒例の、文協桜まつり抽選会。 この桜まつりに自家用車で来場された方々で、駐車場にて、文協が毎月配信している「文協e-news」を受け取るためのメールアドレス等の登録をして下さった方々が対象となっています。(車1台につき1枚の抽選券) 去る7月2,3,9,10の4日開催された桜まつり抽選会の景品は、スポンサーのFast Shop社から提供頂いた、今年発売された55インチの大型テレビ(LGエレクトロニクス社製)でした。 最終日10日の夕方17時、数百枚からなる登録用紙を持った関係者らが登壇すると、会場は一気に熱を帯びました。

続き

ご来場ありがとうございました!第25回文協桜まつり

「約2年間ものあいだ、家に閉じこもった生活でした。こうしてまた皆さんと、咲き誇る桜を見る日が訪れたことを心から嬉しく思います。」 文協副会長 西尾ロベルト義弘 西尾ロベルト義弘文協副会長は、7月9日(土)に行われたイベントの開会式においてそう述べました。この言葉は、ここに集まった全員の心情を代弁したと言っても過言ではありません。 第25回文協桜まつりは7月2日と3日、9日と10日の計4日間開催され、約30万人の来場者でにぎわいました。開会式には、ブラジル日系団体の代表者らをはじめ、文協の役員、サンロッケ市のマルコス・アウグスト・イッサ・エンリケス・デ・アラウージョ市長代理として、同市において観光、経済開発、スポーツおよびレジャーを担当するルイス・アメリコ・リザ・ジュニア氏、飯星ワルテル元連邦下院議員、西本エリオ元サンパウロ州議員が出席しました。 文協国士舘公園運営員会のウエダ・マサミ委員長は、このイベントに関わった全ての人々、特に、2月の段階から開催の為に準備に携わったボランティアらの尽力に対し、心から感謝の意を表しました。そして集まった聴衆には「どうぞ、この第25回桜まつりを楽しんでください!」と呼びかけました。

続き

毎月第一水曜日は「文協シネマ&フリマ」の日☆8月は3日(水)に開催!

毎月第一水曜日に開催する「文協シネマ」と「水曜フリマ」、8月は3日(水)です!多くの方のご来場をお待ちしております。 文協シネマ 藍に響け※ポルトガル語字幕付き  映画の詳細はコチラ日 時:2022年8月3日(水)13時~場 所:文協ビル大講堂料 金:無料  水曜フリーマーケット 日 時:2022年8月3日(水)10時~15時場 所:文協ビル大講堂前ロビー

続き

文協国士舘公園「未来への桜プロジェクト」第2弾  受付中!

ブラジル独立200周年記念 文協国士舘公園 未来への桜プロジェクト第2弾 4月3日(日)の朝、サンロッケ市の文協国士舘公園に関係者ら約30名が集まり、「未来への桜プロジェクト第2弾」の立ち上げ式が行われました。儀典担当理事の福原カルロス氏が司会進行したこの立ち上げ式には、石川レナト会長をはじめ、山下譲二評議員会会長、副会長の西尾 ロベルト 義弘、佐々木

続き