報告:歓迎!小渕優子特派大使

写真:小渕優子特派大使の歓迎式典にて参加者らとの記念撮影 2022年12月29日 文協ビル貴賓室にて

日伯国会議員連盟副会長も務める小渕優子衆議院議員は、2023年1月1日のルイス・イナシオ・ルーラ・ダ・シルバ氏のブラジル国大統領就任式に、日本国を代表して出席する特派大使として2022年12月28日から2023年1月2日にかけてご来伯されました。
大変お忙しいスケジュールの中、サンパウロ、クリチバ、ブラジリアの日系団体をご訪問くださいました。

以下は、サンパウロでのご公務のリポートとなります。

2022年12月29日

開拓先没者慰霊碑参拝

写真:小渕優子特派大使を案内する県連の市川利雄会長(右)と本橋幹久元県連会長(市川氏の左側)

ブラジルに到着された29日、まずは、ブラジル日本都道府県人会連合会が管理する開拓先没者慰霊碑のあるイビラプエラ公園を訪問されました。
小渕特派大使は、慰霊碑の前に花を捧げ、深々とお辞儀をされました。

⇓写真はクリックすると拡大します

1-慰霊碑の歴史について説明する本橋幹久元県連会長
2-過去帳などを納めた慰霊碑下の礼拝堂にて
3-左から本橋幹久元県連会長、市川利雄県連会長、小渕優子特派大使、山田康夫県連前会長、桑名良輔在聖総領事、日本国外務省中南米局・中村和彦審議官


日本館訪問

写真:右から日本国外務省中南米局・中村和彦審議官、在聖日本国総領事館・桑名良輔総領事、文協評議員・山下譲二会長、小渕優子特派大使、ブラジル日本文化福祉協会・石川レナト会長、日本館運営委員会栗田クラウディオ委員長、日本館従業員

続いて、同じくイビラプエラ公園内に在る文協が運営管理を行う日本館を訪問されました。
文協評議員会の山下譲二会長が約1時間かけて同館および日本庭園をご案内し、「この日本館の建設こそが、日本の敗戦という戦争終結をみた第2次世界大戦後に、それまで一体感をもっていた日系社会にあくまで日本の勝利を信じたい者(勝ち組)と、敗戦をいち早く理解した者(負け組み)とが対立して引き起った未曾有の混乱と分裂を乗り越え、ブラジル全土の日本移民が一致団結するきっかけとなりました。」と説明しました。

⇓写真はクリックすると拡大します

1- 笑顔で日本館に到着した小渕大使を迎える文協の石川レナト会長、山下譲二評議員会会長、栗田クラウディオ同館運営委員会委員長
2- 1967年に当時の皇太子明仁親王殿下美智子皇太子妃殿下の初ブラジル訪問を記念して植樹された松の木を案内する山下評議員会会長
3-1995年の日伯修好百周年を記念して建てられたするモニュメントの前で
4-錦鯉に餌をやる小渕特派大使
5. 板張り大広間堂の茶室の端に座り、山下氏の説明に熱心に耳を傾ける小渕特派大使ご一行
6-日本館の本館と展示室をつなぐ渡り廊下を歩きながら、日本館の建築方法を説明する山下評議員会会長
7- 喧騒を離れたイビラプエラ公園内の日本館にてほんのひと時のコーヒータイム
8-リラックスした雰囲気の中で笑顔の大渕特派大使


ブラジル日本移民史料館訪問

写真:移民史料館9階の東郷青児画伯の絵画の前で。小渕特派大使の右隣は同史料館運営委員会・山下リジア委員長

在伯群馬県人文化協会をご訪問後、文協ビル7,8,9階にあるブラジル日本移民史料館をご訪問されました。
2004年のご来伯時にもご訪問頂いた同館は、昨年改修および近代化工事を終え、今回リニューアルした史料館をお見せすることができました。

⇓写真はクリックすると拡大します

1-ブラジルへの日本人移民の始まりについて説明する山下リジア同館運営委員長
2-大竹和三郎による初の『葡和新辞典』について説明する山下譲二評議員長
3-サンパウロの農業拡大の最前線で活躍する日本人移民について説明
4-第二次世界大戦中、日本移民が直面した混乱を表現するために用いたトンネル形式での展示
5-1998年のブラジル日本人移民90周年記念式典に外務大臣としてご来伯された小渕恵三氏を紹介するパネルに見入る小渕特派大使
6- 移民によってブラジルに齎されたスポーツについて説明


歓迎式

写真:歓迎式典の冒頭。左から司会の有村侑奘ヘンリー、日伯文化連盟・吉田エドワルド理事長、ブラジル日本都道府県人会連合会・市川利雄会長、サンパウロ日伯援護協会・税田パウロ清七会長、ブラジル日本文化福祉協会・石川レナト会長、小渕優子特派大使、在聖日本国総領事館・桑名良輔総領事、ブラジル日本商工会議所・村田俊典会頭、日本国外務省中南米局・中村和彦審議官

18時からは、文協ビル2階の貴賓室にて、ブラジル日系主要団体の代表者ら約40名による歓迎式が行われました。

ブラジル日系社会を代表して歓迎の挨拶に立った石川レナト文協会長は、これまでの日本政府おびその関係機関によるブラジルおよびブラジル日系社会に対する数々の支援に感謝の意を表したあと、小渕優子特派大使の父親である故小渕恵三元日本国総理大臣とブラジル日系社会との30年にも及ぶ交流の記憶を辿りました。
そして今後は小渕優子特派大使にそれが引き継がれ、日伯友好関係が末永く続くことを期待していると述べました。

小渕優子特派大使もあいさつの中で、歓迎式典開催に対する感謝の意を表した後、父親である故小渕恵三元総理とブラジルに関する数々のエピソードが語られました。
これにより我々日系人は、小渕恵三氏が、生前どれ程ブラジルの日系人を大切に思い、生涯の友と捉えて下さっていたかを知ることとなりました。
最後に「日系人の皆様が誇りに思うような日本であるために、政治家として責任を持って頑張っていきたい」と締めくくりました。

⇓写真はクリックすると拡大します

記念品として、ブラジルの天然石で作られたトゥッカーノの置物を贈呈しました。
写真右の青い達磨は、2022年11月に石川会長が訪日し、小渕議員を表敬訪問した際に小渕議員より頂いたものです。
「小渕議員の再来伯」を祈念して、目玉をひとつ入れました。

歓迎夕食会

⇓写真はクリックすると拡大します

19時からはレストラン藍染が提供する和食を囲んでの歓迎夕食会となりました。

⇓写真はクリックすると拡大します

1,2- 歓迎式で挨拶をする小渕特派大使
3- 乾杯の音頭をとる桑名総領事
4- 石川会長と乾杯する小渕特派大使
5- 司法高等裁判所判事に日系人で初めて就任した上田雅三元判事を小渕特派大使に紹介する桑名総領事
6- 名刺交換をするサンパウロ日伯援護協会・税田パウロ清七会長
7- 名刺交換をする渡部和夫元サンパウロ州高等判事
8- 名刺交換する宮坂国人財団理事長で、文協の副会長の西尾ロベルト氏
9- 左から、ブラジル日本語センター・矢野敬崇理事長、小渕特派大使、同センター日下野良武名誉会長、茶道裏千家ブラジル出張所の林宗円駐在副代表
10-ブラジルいけ花協会の外塚クリスチーナ会長
11- 文協地方理事(サンパウロ市東部)の小田セルジオ氏(左)と社会福祉法人こどものそのの理事長で文協副会長の頃末アンドレ氏(右)
12- 裏千家淡交会 ブラジル協会のエリソン・トンプソン・デ・リマ・ジュニオール会長
13-照屋ウーゴ文協専任理事


2022年12月29日

サンタクルス日本病院視察


この日は、サンタクルス日本病院を視察されました。

⇓写真はクリックすると拡大します

1. サンタクルス日本病院に到着
2- 病院の経営陣や医師らとの会合
3-JICA支援のがんセンターを、JICAブラジル事務所の江口雅之所長が案内
4-腫瘍学施設を視察
5- 2015年の秋篠宮ご夫妻ご訪問記念碑の横に、石川レナト同院評議員議長とともにイペーを植樹する小渕特派大使

Fotos por: Marcel Uyeta / instagram: @marcelterra

今回のご訪問で、小渕特派大使をご案内し、間近に接した石川会長と山下評議員会会長は「小渕大使には大変感銘を受けました。」と話しました。
「大使は、質問には明確に答え、対話者に非常に気を配るお方で、大変堅実な国会議員だと感じました。日本を代表する真の外交官でした。」と話しました。
日本館の栗田委員長も「大変聡明な方で、しかも、とても親しみやすい方でした!」と付け加えました。

ニュース

BUNKYO NEWS コロニア No145

お待たせいたしました! 2021年度の文協の活動報告を記載した「文協年鑑誌第145号(2022年版)」が完成致しました。 サブタイトル「待望の再開 」 BUNKYO

続き

MAFF・JETROからセミナー開催のお知らせ:2月3日(金)@文協大講堂(ハイブリット)/申込は1月31日まで

MAFF・JETRO共催【日伯食品・農業合同セミナー】 農林水産省は、JETROと共催で、日本とブラジルの食品及び農業分野でのビジネスや協力関係の一層の拡大を図ることを目的として、ブラジルのサンパウロとオンラインの同時開催で、食品・農業合同セミナーを開催します。 ************************************************************************************************ 日 時:ブラジル時間 - 2023年2月3日(金)9時~13時30分   日本時間    -    〃     21時~場 所:ブラジル日本文化福祉協会 大講堂参加費:無料申込方法及び詳細については、以下のオフィシャルサイトをご覧ください≫≫≫日伯食品・農業合同セミナー

続き

パッセイオ 3月21日(火) 🚌 参加申込受付中!

大好評のイミグランティス・エコロジック・パーク&ブラジル日本移民史料館をめぐるパッセイオは2023年3月21日(火)に実施します。 現在、参加申し込み受付中です。 なお、このパッセイオはサンパウロ州政府の新型コロナウイルス感染症拡大防止のプロトコルに従って開催致します。つきまして、参加者全員、予防接種証明および医療記録表への記入、リスク認識参加同意書への署名が必要となります。 またこのパッセイオは貸切バスで行われ、ガイドが同行し、料金には各所入場料と昼食代(弁当)が含まれています。 【日 時】2023年3月21日(火)8時~15時30分【料 金】一人150レアル(前払い)※貸切りバス(ガイド付き)、各所入場料込、弁当代込【申込方法】文協事務局(11)

続き

毎月第1水曜日は「文協シネマ&フリマ」の日☆2月は1日(水)です!

毎月第一水曜日に開催する「文協シネマ」(共催:国際交流基金サンパウロ事務所)と「水曜フリマ」、2023年2月は1日(水)です!多くの方のご来場をお待ちしております。 【文協シネマ】 「猫忍」日 時:2023年2月1日(水)13時~場 所:文協ビル大講堂料 金:無料※ポルトガル語字幕付き  映画の詳細はコチラ≫≫≫映画.com   【水曜フリーマーケット】 日 時:2023年2月1日(水)10時~15時場 所:文協ビル大講堂前ロビー

続き