祝!令和5年春の叙勲受章🏅呉屋春美前文協会長も!

ブラジル在住の令和5年春の叙勲者が発表されました。
文協の呉屋 新城 春美 前会長も、ご受章されています。
おめでとうございます!

在サンパウロ日本国総領事館 推薦叙勲受章者 (敬称略)

日下野 良武(79歳)旭日双光章 サンパウロ市在住 / 国籍:日本

(主要経歴)
元 ブラジル日本語センター理事長(現名誉理事長)
現 ブラジル熊本県文化交流協会理事長
(主な功績)
ブラジル日本語センター理事長、副理事長、顧問、名誉理事長を通じ、長年ブラジルにおける日本語普及活動に取り組むとともに、講演会や有識者等への働きかけを通じ、海外日本語教育の充実にも尽力した。また、邦字紙「サンパウロ新聞」東京支社開設と同時に支社長に就任し、その後同新聞社本社常務取締役及び専務取締役を務め、ブラジルにおいて日伯情報を日本語で提供した。さらにジャーナリストとして日伯両国の情報発信と文化交流を促進し、熊本県文化交流協会理事長を務めるほか、地元有力紙へ約40年間にわたる記事の送稿を通じ、ブラジルと熊本の交流にも貢献した。

呉屋 新城 春美(70歳)旭日小綬章 バルエリ在住 / 国籍:ブラジル

(主要経歴)
元ブラジル日本文化福祉協会会長、元 ABJICA 会長、ブラジルいけ花協会副会長
(主な功績)
呉屋氏は、平成27年から平成30年の4年間、ブラジル日本文化福祉協会会長として、様々な事業を推進し、日伯両国間の親善交流に大いに貢献した。同協会創立60年にして初の女性会長であり、ブラジル日系社会の女性リーダーとしても中心的役割を担った。平成30年には、ブラジル日本移民110周年記念式典の式典委員長として、日伯両国を代表する多くの要人の参加を呼びかける等尽力し、式典を成功へ導いた。また、JICA帰国研修員同窓会(ABJICA)でも初の女性会長として、在サンパウロ日本国総領事館やサンパウロ州と協力し、様々なセミナーやシンポジウムを開催し、技術協力事業及び学術面における日伯間の交流促進に寄与した。
現在は、ブラジルいけ花協会の副会長として、サンパウロを中心としたブラジル各地で、生け花体験教室や展示会などを開催し、日本の伝統文化の普及、日伯間の文化的交流・強化に貢献している。

ルイス・フェルナンド・フルラン(76歳)旭日重光章 バルエリ市在住 / 国籍:ブラジル

(主要経歴)
元 開発商工大臣
現 ジャパン・ハウス サンパウロ(JHSP) 運営委員会メンバー
現 日伯戦略的経済パートナーシップ賢人会議 伯側メンバー
(主な功績)
開発商工大臣としてブラジル産バイオエタノールの日本への供給や、日本方式を基礎とするデジタルテレビ方式のブラジルへの導入に貢献し、日伯間の貿易促進及び技術提携に大きく寄与した。また、ジャパン・ハウス サンパウロの有識者アドバイザー及び運営委員として、同事業の立ち上げから開館、さらにその後の安定的な運営に貢献した。さらに、日本をよく知る有識者として、日伯戦略的経済パートナーシップ賢人会議の伯側委員を務め、自身の40年以上にわたる食品業界での経験や企業経営者としての視点を活かし、日伯間の経済パートナーシップの強化に向けて尽力している。

安永 ルイス(86歳)旭日単光章 プロミッソン市在住 / 国籍:ブラジル

(主要経歴)
元プロミッソン日伯文化体育協会会長
(主な功績)
安永氏は、プロミッソン日伯文化体育協会会長として、長年、文化・スポーツ活動を通じて、日系社会の活性化、日本文化の普及、ブラジル社会との融和に取組み、日伯間の友好促進に大きく貢献した。同協会が主催する運動会は、昭和24年から70年間にわたり継続して行われ、現在は地域住民約2千人が参加する同市における一大イベントとなっている。同運動会の開催は、日系社
会のブラジル社会への融和を象徴しており、同地域の日系社会の更なる活性化に繋がるものである。また、平成2年から令和2年まで、約30年間にわたり、プロミッソン日伯学校においてボランティア日本語教師として勤務し、日本語教育だけでなく、日本の習慣や価値観、日本文化の継承に尽力した。同学校には、子供から大人まで、日系人・非日系人を問わず通っており、日系社会を担う次世代の育成に大きく寄与するとともに、同地域の日本語教育の拠点として重要な役割を担っている。その他にも、平成10年から平成30年の20年間にわたり、プロミッソン市を含むノロエステ地方を対象とした、ノロエステ日本語普及会に所属し、林間学校や日本語学習発表会など様々なイベントを開催し、同地域の日本語・文化普及に大きく貢献した。

在クリチバ日本国総領事館 推薦叙勲受章者 (敬称略)

フェルナンド・エイゾウ・オノ(74歳)旭日重光章 クリチバ市在住 / 国籍:ブラジル

(主要経歴)
元労働高等裁判所判事
(主な功績)
ブラジル日系人として初めて最高裁判所にあたる労働高等裁判所の判事に就任し、約10年間にわたる同裁判所判事としての活動等を通じて、パラナ州及びブラジルにおける日系人の地位向上や対日イメージの向上に大きく貢献した。また、日本国最高裁判所判事がブラジルを訪問した際には、ブラジル労働高等裁判所との協議をアレンジし、労働法制や労働問題等にかかる両国の相互理解に尽力した他、日本からの要人来訪時にはブラジル日系社会を代表して応対する等、様々な形で両国の関係発展に貢献した。

タダアキ・ヒロセ(77歳)旭日中綬章 クリチバ市在住 / 国籍:ブラジル

(主要経歴)
元第四管区連邦地域裁判所長官
(主な功績)
ブラジル第二の日系社会を有するパラナ州において、日系人として初めて連邦判事に就任。ブラジル南部3州を統括する第四管区連邦地域裁判所では、管理官や長官等の要職を務め、この間、訴訟手続きの電子化等を通じた司法改革を推進する等、ブラジル司法界に功績を残し、日系人の地位向上や対日イメージの向上に大きく貢献した。更に、外務省招聘プログラムで訪日した後、司法分野における両国の相互理解の促進に尽力し、在クリチバ日本国総領事館に法的助言等を行い、その活動を支援するところもあった。

在リオデジャネイロ日本国総領事館 推薦叙勲受章者 (敬称略)

浜田 ゆかり(65歳)旭日双光章 ベロオリゾンテ在住 / 国籍:ブラジル

(主要経歴)
「ミナス日本祭り」実行委員会委員長
日伯文化テクノロジー協力協会会長
在ベロオリゾンテ名誉総領事館職員
(主な功績)
2012年に「ミナス日本祭り」実行委員会委員長に就任し、それまで開催されていた「日本週間」を「ミナス日本祭り」へと規模を拡大させ、以降10年以上に亘り、同行事の企画及び運営において中心的な役割を果たしてきた。この「ミナス日本祭り」には、例年、ミナス州内外から多くの来場者が訪れており、同州における日本文化普及の中心的存在として認識されている。新型コロナウイルスのパンデミックにより、2021年及び2022年はオンライン開催となったものの、対面形式を再開した2023年には、約3万5千人の来場を記録する等、同州における日本文化の更なる理解増進に貢献し続けている。日伯文化テクノロジー協力協会会長としては、元JICA研修生の同窓会の主催に加え、JICAのミナス州における活動を支援してきた。また、在ベロオリゾンテ名誉総領事館職員としては、25年以上に亘り、日本政府の要人往来支援、草の根無償資金協力案件の発掘、広報パンフレット作成、国費留学関連業務、査証取得支援及び邦人援護等、日伯の友好関係の深化に必要不可欠な業務に取り組んできた。

在レシフェ日本国総領事館 推薦叙勲受章者 (敬称略)

アリセ・ルミ・サトミ(69歳)旭日小綬章 ジョアン・ペソア市在住 / 国籍:ブラジル

(主要経歴)
パライーバ連邦大学芸術学部音楽教育学科准教授
元パライーバ伯日文化協会会長
(主な功績)
修士論文及び博士論文を含め、16件に及ぶ日本音楽に関する研究成果を音楽専門誌等で発表し、ブラジルにおける日本音楽研究の発展に貢献した。、また、パライーバ州で初めて筝や尺八を用いた演奏会を主催し、パライーバ連邦大学でも毎年和楽器を使用した演奏会を開催するなど、長年にわたり日本音楽の普及に貢献している。加えて、パライーバ伯日文化協会の設立に尽力し、初代会長を務め、退任後も同協会の運営及び毎年恒例の日本文化祭の開催に貢献している。

ニュース

文協国士舘公園🌸お花見🌸7月8~12,15~19日🌸10~17H

文協国士舘公園🌸お花見🌸 毎年好評の「お花見」を、今年も行います! 7月の2週末の4日間を「第27回文協桜まつり」とし、大勢の皆様に文協国士舘公園の桜を楽しんでいただいておりますが、同公園の桜は、まつりの期間以外にも、かわらずに美しい桜を咲かせています。 「その公園を、たった4日間だけで閉めてしまうのはもったいない!一人でも多くの方に、この美しい桜を愛でていただきたい!」 そんな思いから、文協国士舘公園運営委員会は、上記の平日午前10時から17時まで、文協国士舘公園を特別に解放します。

続き

毎月第1水曜日は文協シネマ&フリマの日🎥8月は7日に開催

毎月第1水曜日に開催する「文協シネマ&フリマ」(シネマの共催:国際交流基金サンパウロ事務所)。2024年8月は7日(水)です!みなさまのご来場をお待ちしております。 【文協シネマ】 映画名:線は、僕を描く 日 時:2024年8 月7日(水)13時~場 所:文協ビル大講堂料 金:無料※ポルトガル語字幕付き  映画詳細≫≫線は、僕を描く(横浜流星主演映画化)原作公式サイト 講談社

続き

岸田文雄首相とのグループ記念写真の配布について

岸田文雄首相とのグループ記念写真の配布について 2024年5月4日に文協大講堂で開催された岸田文雄首相の歓迎式典にご出席頂き、心より感謝申し上げます。 大変お待たせいたしました。現像された写真がブラジルに到着し、文協事務局にて配布を開始いたしました。 受取場所:文協事務局     R. São

続き

「第15回ブラジル・日本の子どもの絵の交流展」作品募集中🎨7月20日まで

NPO法人関西ブラジル人コミュニティCBKと公益財団法人兵庫県国際交流協会からのお知らせ NPO法人関西ブラジル人コミュニティCBKと公益財団法人兵庫県国際交流協会が共催するこの交流展は今年で第15回目を迎えました。 現在、日本とブラジル両方の子供たちから、作品を募集しています。なお、入選した作品は2025年のカレンダーになります。 対象年齢:5~15歳テーマ:私の家族参加費:無料作品送付先(ブラジル在住の子どもたち)15ª Exposição

続き

第60回児童青少年絵画教室7月22~26日🎨参加申込受付中!

第60回児童青少年絵画教室 日 時:2024年7月22日(月)~26日(金)    9時~12時 場 所:文協ビル 2階対象年齢:5~15歳参加費:お一人様 300レアル ※材料費込み (文協会員は250レアル)お支払い方法:・PIXの場合:chave: 46.524.478/0001-11 (CNPJ –

続き

第54回文協工芸展 事前選定通過作品発表!

文協工芸委員会は、2024年10月19日から11月3日まで開催される第54回文協工芸展の出展作品の事前選考作業を完了しました。 合計 194 人の作家による496作品の中から、182人の作家による438作品が事前選定されました。 事前選考入選作品リストはコチラをクリック

続き