初代会長 山本喜誉司 1955年12月~1963年7月

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

山本喜誉司1892年9月17日しました。三菱グループの創始者である岩崎家族の指示を受けて、1927年カンピーナスに農場を購入しました。

農場経営に専念した結果、コーヒーの木を害虫被害から守るための天敵ウガンダ蜂の導入で成功を収め、この研究論文で、東京大学から博士号を授与されました。その後、東山事業の総支配人に昇任しました。

第二次世界大戦では、東山事業は、連邦政府の介入を受けました。敵国人資産凍結(1959年10月にも発生)の解除運動では、陣頭に立ち、1947年を網羅した “懇談会”を結成し政局打開に努めました。

また日本の敗戦による日系社会の混乱の収拾のため、日系有力者の間で展開された“時局認識運動”にも参加、この運動がやがて母国に対する戦災救済会の結成に繋がりました。

1952年の日本館を建設するなど、全力を傾注しました。その後、ブラジル日本移民50年祭(1958年)に向けて発展的解散をし、サンパウロ日本文化協会創立準備委員会として活動し、1955年(1968年 ブラジル日本文化協会に改称)

その初代役員の面々は、会長に山本喜誉司、副会長に中尾熊喜、須貝アメリコ、評議委員会会長に宮坂国人でした。1960年代には本拠地を建設するための60のPR活動を始め、1963年7月31日に、日本文化センター(協会ビル)第1期工事の完了を目前に肺がんのため亡くなりました。

Diretoria

Presidente: Kiyoshi Yamamoto (1955-6/1963)
1º Vice: Kumaki Nakao (1955-6/1963)
2º Vice: Américo Sugai (1955-1958); Guenichiro Nakazawa (1959- 6/1963)
3º Vice: Gervásio Tadashi Inoue (1959-1962)

Secretário Geral: Susumu Hirata (1959-1960); Tadashi Takenaka (1961-6/1963)
1º Secretário: Gervásio Tadashi Inoue (1955-1958); Tadashi Takenaka (1959-1960); Susumu Hirata (1961-1962); Sangoro Nobumitsu (1/1963-6/1963)
2º Secretário: Susumu Hirata (1955-1958 e 1/1963-6/1963); Américo Sugai (1959-1962)
3º Secretário: Tadashi Takenaka (1955-1958); Ioshifumi Utiyama (1959-1960); Hiroshi Saito (1961-6/1963)

1º Tesoureiro: Moriji Anze (1955-1958); Saburo Tsuji (1959-1960); Tokiya Washizuka (1961- 6/1963)
2º Tesoureiro: Sakuro Hase (1955-1958); Shozaburo Yamaguchi (1959-1960); Sangoro Nobumitsu (1961-1962); Shuichiro Wada (1/1963-6/1963)
3º Tesoureiro: Tokiya Washizuka (1959-1960); Shuichiro Wada (1961-1962); Takeshi Yoshio (1/1963-6/1963)

Diretores: Katsuzo Yamamoto (1955-1960); Cho Kihara (1955-6/1963); Guenichiro Nakazawa (1955-1958); Teiiti Suzuki (1955-6/1963); Rokuro Hama (1955-1958); Américo Sugai (1/1963-6/1963); Masutaro Nakakubo (1955-1958); Kakuji Hirai (1955-1960); Takeshi Suzuki (1955-6/1963); Tokiya Washizuka (1955-1958); Masaru Takahashi (1955-1956); Jorge Suguita (1955-1958); Seian Hanashiro (1959-1960); Yoshikazu Tanaka (1961-6/1963); Hanashiro Shokai (1961-1962); Senichi Hachiya (1961-6/1963); Tatsuo Okochi (1961-1962); Yamamoto Shokai (1961-1962); Ioshifumi Utiyama (1/1963-6/1963); Seigui Fujihira (1955-1960); Toshio Tsukumo (1/1963-6/1963); Takeshi Yoshio (1959-1962); Tsunezo Sato (1959-1960 e 1/1963-6/1963); Saburo Tsuji (1957-1958)

Conselho Deliberativo

Presidente: Kunito Miyasaka (1955-6/1963)
Vice: Takeshi Hasegawa (1955-1958)
1º Vice: Shuichiro Wada (1959-1960); Takeo Goto (1961-6/1963)
2º Vice: Shizuo Hosoe (1959-1960 e 1/1963-6/1963); Ioshifumi Utiyama (1961-1962)

1º Secretário: Tsunezo Sato (1955-1958); Kenro Shimomoto (1959-1960); Toshio Tsukumo (1961-1962); Hideto Futatsugi (1/1963-6/1963)
2º Secretário: Seian Hanashiro (1955-1958); Keijiro Jojima (1959-1960); Hideto Futatsugi (1961-1962); Michie Akama (1961-1962); Kunihiro Miyamoto (1/1963-6/1963)
3º Secretário: Kikuo Furuno (1959-1960); Fujio Tachibana (1/1963-6/1963)

Secretário Geral Administrativo: Takuji Fujii

ニュース

CIATE コラボラドーレス会議 12月3、4日

在サンパウロ国外就労者情報援護センター(CIATE)主催 文協ネットワークプロジェクト委員会後援 国際シンポジウム開催のお知らせ CIATEでは、毎年、日本及びブラジルの当局者や、日本での就労・教育に携わる方を招いて日系ブラジル人の日本での就労に関するシンポジウムを開催しています。2021年度のシンポジウムは、「コロナ禍における在日ブラジル人の挑戦と2022年に向けた展望」というテーマのもと、12月3日(金)午後8時から、及び12月4日(土)の午前8時から、2回に渡って行われます。 本年のシンポジウムはCIATEのYouTubeチャンネルを通してのオンライン開催となります。(事前登録等は不要)ぜひご参加ください。 12月3日(金)午後8時~https://youtu.be/PZw2dDzRDig (ポルトガル語)

続き

報告:第50回山本喜誉司賞授賞式

去る11月5日、文協ビル貴賓室において、農業分野における日系人功労者に対して贈られる「第50回山本喜誉司賞表彰式」が行われました。新型コロナウイルス感染症拡大防止策のプロトコルに従い、今回は入場者の人数を制限しての開催となりました。3名の受賞者には、表彰状と花束に加え、石川レナト文協会長より、自身が経営するファゼンダ・アリアンサのコーヒーメーカーが贈呈されました。表彰式の後は会場をテーヒオに移し乾杯、夕食会へと続きました。 なお3名の受賞者は以下の通りです。 おめでとうございます! 岸本 晟 氏

続き

オンラインライブ「“Arigatô Mogi”」11月27日(土)8h~

モジ・ダス・クルーゼス文化協会主催オンラインライブ「“Arigatô Mogi”」11月27日(土)8h~ 平田ジョーエのプロデュース、ヤマイ・ケンジの演出にて、日本の歌謡曲やダンスのショーをオンラインにて開催します! 日本からは歌手のマルシアとエドアルドが参加!! どうぞお楽しみに!!!

続き

通常運営時間再開のお知らせ 8月26日~

サンパウロ州政府が策定した経済活動再開計画(Plano Sao Paulo)に基づき 、文協の各機関はCOVID-19感染防止策を徹底した上で、下記の通り8月26日から通常業務時間にて運営を再開致します。 •

続き

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *