文協国士舘公園

体育館、マレットゴルフ用コース、400本の桜

これまでの経緯

「ブラジルに武道大学設立を」

このような目的を持ち、日本の国士舘大学がサンロッケ市(サンパウロから約51㎞西方面)の土地を取得し始めたのは、1980年のことでした。

同大学は徐々にサンロッケ市の土地を購入し現在の面積(58ヘクタール)にまで拡張、1982年には事務所や寄宿舎を備えた2000㎡の立派な武道館を完成させました。
また同公園の敷地には3箇所の水源があり、その3分の1が未だ原生林に覆われたままの状態を保つなど豊かな自然に満ちています。
しかし、1996年になると経済的に厳しい状況に陥り、ブラジル国士舘大学は閉学を余儀なくされました。
翌年にはその所有権が文協へと譲渡され、それ以来同公園の運営は文協の課題となっています。
文協理事会は、この場所を持続可能な施設とするために、何度も会議を重ねました。

そんな文協国士舘公園での代表的なイベントと言えば毎年7月に行われる「文協桜まつり」です。
毎年2万5千人以上の来場者で賑わうこの桜まつりは、サンロッケ市公式カレンダーにも記載されるほど、市をあげてのイベントとなっています。
さらに 2020年には「未来の桜プロジェクト」と題して287本の桜の苗木が新たに植樹されました。
動画はコチラ
第2弾「未来の桜プロジェクト」実施中!詳しくはコチラ

また、敷地内には武道館の他に18ホールのマレットゴルフ用コースや、コチア青年連絡協議会が建設した茶道室と日本庭園も備えています。

2018年に「ブラジル日本移民110周年」を記念するために組織された同祭典委員会は、この公園を「110周年記念遺産」と位置付けると決定し、同祭典事業に対する資金調達キャンペーンで得た収益金の一部を同公園の開発計画に割り充てると発表しました。

このプロジェクトでは、大、中、小規模のエリアにそれぞれのイベントに対応するパビリオンを建設することに加え、グルメ村や憩いの広場、原生林を活かしたハイキングコースの設置等が計画されています。
その中で、まずは中規模エリアの「原沢和夫パビリオン」の建設から着手しました。

ここで「原沢和夫パビリオン」命名の由来にも触れたいと思います。
原沢和夫氏は文協創設者のうちの一人であり、文協評議員会会長および同審議会議員を歴任し、2017年半ばに92歳で他界されました。

原沢氏はお亡くなりになる直前まで同プロジェクト構想案の説明を受けるなど、常に日系社会のあり方、特に同公園を持続可能な施設に改善し、日系社会全体で活用できるようにするべきと尽力されていました。

「残念ながら父は、生きてこの夢を実現することができませんでしたが」と、息子の原沢カルロス氏は原沢夫人のかねこさんと共に、同プロジェクト完成に向けて100万レアル(約28,000,000円)の寄付をお寄せ下さいました。
その志を受け継ぐ形で、文協理事会は第一号パビリオンを「原沢和夫パビリオン」と命名することを決議しました。

2018年7月7日「第22回文協桜まつり」の開会式の後、浄土宗イビウナ日伯寺の桜井聡祐開教師によってこれから開始される工事の安全祈願が執り行われました。

2019年4月3日には同パビリオンの起工式、同年11月17日には上棟式が行われるなど、工事は着々と進んでいます。

Local: Estr. Mun. do Carmo, 801, São Roque – SP