安倍総理ご夫妻日本館をご訪問

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

02ago Shinzo Abe 012 Foto-Gabriel Inamine 安倍総理と昭恵夫人は、イビラプエラ公園にある開拓先没者慰霊碑への献花・参拝をされ、朝9時にサンパウロ日本館に到着されました。

 安倍総理ご夫妻は、ブラジル日本文化福祉協会・木多喜八郎会長、日本館運営委員会の大田レオ委員長、副委員長を勤める伊藤誠施氏、相良泉クリスチナ氏、ギアロ・エラルド氏の3名、そして尾西貞夫元委員長に迎えられました。ご夫妻は、相良副委員長説明のもと日本館を視察されました。

 1967年、皇太子殿下・美智子妃殿下のご来伯記念により植樹されたお手植えの松、1995年清子内親王殿下ご来伯記念の日伯修好百周年記念石碑を順に回られました。

DSC 3106  2004年に小泉純一郎元総理来伯時に植樹された松の木を紹介すると、安倍総理は当時よりも約2倍の高さに成長した木の横に立ち、記念撮影される一幕がありました。安部総理は「是非、この成長を小泉純一郎元総理に伝えたい」とコメントされました。

その後、日本館の庭園内にて安倍総理と昭恵夫人はパウブラジルを記念植樹されました。安倍総理は15回ほど土を根元にかけ、シャベルでしっかり土を固めました。木に水を与えられた後、昭恵夫人とともに幹に触れながら立派に成長できる願いを込められていました。

DSC 3144続いて、日本館内の展示室に案内された安倍総理と昭恵夫人は、ゆっくりと丁寧に訪問録に記帳をされました。同所には、今年60周年を迎える日本館に関する2枚のパネルが展示されました。1枚目は、日本館の歴史が描かれており、中でも敷地内にて育てられいる錦鯉に関する内容に大変興味を示されていました。

2枚目のパネルには、過去に訪問された著名人らが4枚の写真に収められており、1959年にブラジルを訪問した自身の祖父でもある岸信介元総理大臣が日系企業の展示会に参加する様子や観衆3000名の前で挨拶をする写真に安倍総理は関心をお持ちでいました。

 

DSC 3144ジュセリーノ・クビチェック元大統領と岸信介元総理大臣が収められている写真に特別に関心を抱かれていた安倍総理は、その場で昭恵夫人を呼ばれ、正装にまとう祖父の姿を嬉しそうに指で示しました。また「60周年を迎える日本館と同様、私は幼かった。しかし、祖父がこの来伯訪問を熱心に語ったことは覚えている」と当時のことを思い返されていました。

日本館での記念撮影を終えられた安倍総理は随行員とともに、ジェトロ主催の日本ブラジルビジネスフォーラムへ向かわれました。

日本館を出られる前、安倍総理はイビラプエラ公園内に訪れていた市民に挨拶をされました。その際、サッカーブラジル代表のネイマール選手モデルのキャップを貰い、嬉しそうに頭にかぶられました。

 一方、昭恵夫人は、カルモ公園に設置されていた日本移民百周年記念モニュメント「夢と感謝」を訪問されました。モニュメントは、昭恵夫人の友人でもある絹谷幸太氏によって2008年に製作されました。

DSC 3166昭恵夫人は、カルモ公園にて絹谷氏に迎えられました。その後、公園内にて開催されていた桜まつりの盆踊りに参加をされ、時間の許す限り、昭恵夫人は参加者と楽しい時間を過ごされました。

その後、リベルダージ地区にある商店街に10分程降り立たれ、歓迎会が開催される文協へと向かわれました。

ニュース

ハローキティと仲間たち&日本館のスペシャルコラボ!(12月,1月の2か月間/12月4,5日は特別イベントあり)

2021年12月と2022年1月の2か月間、イビラプエラ公園内にある日本館では、日本が世界に誇る(株)サンリオが提供するハローキティとその仲間たちが、皆様をお待ちしています。 12月4日(土)、5(日)はハローキティ(着ぐるみ)が登場します! 当日、日本館めぐりのためにお渡しするパスポートに、指定したポイントごとに用意したかわいいスタンプを押しながら、日本館やその歴史に触れて頂けるよう工夫しています。全ポイントのスタンプを押すことができた場合、最後に特別なカードもお渡ししています。 なお、このイベントのキューレターであるタカヤ・アギタ氏は、今回の日本館とサンリオ社のコラボレーション企画の実現には、両者の仲介を果したTasa Eventos社のディレクターである佐藤・セルジオ・タカオ氏によるところが大きいと話しています。

続き

CIATE コラボラドーレス会議 12月3、4日

在サンパウロ国外就労者情報援護センター(CIATE)主催 文協ネットワークプロジェクト委員会後援 国際シンポジウム開催のお知らせ CIATEでは、毎年、日本及びブラジルの当局者や、日本での就労・教育に携わる方を招いて日系ブラジル人の日本での就労に関するシンポジウムを開催しています。2021年度のシンポジウムは、「コロナ禍における在日ブラジル人の挑戦と2022年に向けた展望」というテーマのもと、12月3日(金)午後8時から、及び12月4日(土)の午前8時から、2回に渡って行われます。 本年のシンポジウムはCIATEのYouTubeチャンネルを通してのオンライン開催となります。(事前登録等は不要)ぜひご参加ください。 12月3日(金)午後8時~https://youtu.be/PZw2dDzRDig (ポルトガル語)

続き

報告:第50回山本喜誉司賞授賞式

去る11月5日、文協ビル貴賓室において、農業分野における日系人功労者に対して贈られる「第50回山本喜誉司賞表彰式」が行われました。新型コロナウイルス感染症拡大防止策のプロトコルに従い、今回は入場者の人数を制限しての開催となりました。3名の受賞者には、表彰状と花束に加え、石川レナト文協会長より、自身が経営するファゼンダ・アリアンサのコーヒーメーカーが贈呈されました。表彰式の後は会場をテーヒオに移し乾杯、夕食会へと続きました。 なお3名の受賞者は以下の通りです。 おめでとうございます! 岸本 晟 氏

続き

オンラインライブ「“Arigatô Mogi”」11月27日(土)8h~

モジ・ダス・クルーゼス文化協会主催オンラインライブ「“Arigatô Mogi”」11月27日(土)8h~ 平田ジョーエのプロデュース、ヤマイ・ケンジの演出にて、日本の歌謡曲やダンスのショーをオンラインにて開催します! 日本からは歌手のマルシアとエドアルドが参加!! どうぞお楽しみに!!!

続き

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *