江戸糸あやつり人形 サンパウロ公演

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

10805560 10152366280351986 7570947904400219672 n来る、11月23日(日)16時より文協小講堂にて、上條充氏が率いる江戸糸あやつり人形サンパウロ公演が開催されます。公演は日本独自の伝統芸能である糸あやつり人形をブラジル国民に紹介し、日本文化の理解を深めることを目的として実施されます。

江戸時代に生まれた糸あやつり人形は、江戸・東京を中心に伝えられ、360年もの歴史を誇ります。また江戸糸あやつり人形の演目には、かっぽれ、酔いどれ、黒髪、獅子舞があり、中でも突出した人気を誇る「瞼の母」は映画化もされており、特に力を入れている演目です。

江戸糸あやつり人形 サンパウロ公演
日 時:11月23(日)16時より
場 所:ブラジル日本文化福祉協会 文協小講堂
Rua São Joaquim,381 – Liberdade – São Paulo – SP
入場券:文協事務局にて無料配布を実施しております。配布は、先着順で1名2枚までとし、無くなり次第配布を終了いたします。なお、お電話での受付・予約は一切承りませんので、あらかじめご了承ください。
お問い合わせ:(11)3208-1755

主催:ブラジル日本文化福祉協会
協賛:
国際交流基金
双日国際交流財団
CAMPO TENENTE
沖電気工業株式会社
OKI BRASIL
OKI DATA BRASIL
協力:
アルファインテル南米交流
bkc
サンパウロ新聞
ニッケイ新聞
JORNAL NIPPAK

ニュース

CIATE コラボラドーレス会議 12月3、4日

在サンパウロ国外就労者情報援護センター(CIATE)主催 文協ネットワークプロジェクト委員会後援 国際シンポジウム開催のお知らせ CIATEでは、毎年、日本及びブラジルの当局者や、日本での就労・教育に携わる方を招いて日系ブラジル人の日本での就労に関するシンポジウムを開催しています。2021年度のシンポジウムは、「コロナ禍における在日ブラジル人の挑戦と2022年に向けた展望」というテーマのもと、12月3日(金)午後8時から、及び12月4日(土)の午前8時から、2回に渡って行われます。 本年のシンポジウムはCIATEのYouTubeチャンネルを通してのオンライン開催となります。(事前登録等は不要)ぜひご参加ください。 12月3日(金)午後8時~https://youtu.be/PZw2dDzRDig (ポルトガル語)

続き

報告:第50回山本喜誉司賞授賞式

去る11月5日、文協ビル貴賓室において、農業分野における日系人功労者に対して贈られる「第50回山本喜誉司賞表彰式」が行われました。新型コロナウイルス感染症拡大防止策のプロトコルに従い、今回は入場者の人数を制限しての開催となりました。3名の受賞者には、表彰状と花束に加え、石川レナト文協会長より、自身が経営するファゼンダ・アリアンサのコーヒーメーカーが贈呈されました。表彰式の後は会場をテーヒオに移し乾杯、夕食会へと続きました。 なお3名の受賞者は以下の通りです。 おめでとうございます! 岸本 晟 氏

続き

オンラインライブ「“Arigatô Mogi”」11月27日(土)8h~

モジ・ダス・クルーゼス文化協会主催オンラインライブ「“Arigatô Mogi”」11月27日(土)8h~ 平田ジョーエのプロデュース、ヤマイ・ケンジの演出にて、日本の歌謡曲やダンスのショーをオンラインにて開催します! 日本からは歌手のマルシアとエドアルドが参加!! どうぞお楽しみに!!!

続き

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *