中島工務店・中島紀于社長、4回目となる日本館修復工事

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

todos3中島工務店による4回目となる日本館の修復工事について邦字新聞者を招いた記者会見が、11月25日の午前11時より同館で開かれました。岐阜県中津川市に本社がある中島工務店は、日本のお城、お宮、茶屋などの木材建築はじめ、鉄やコンクリートをも用いて幅広く仕事をこなす工務店です。

修復工事に携わる中島社長は移民80周年、90年、105年、そして日本ブラジル外交関係樹立120周年事業として、今回が4回目の修復工事となります。

todos1修復工事で使用される材木は7月17日に日本からサントス港に到着し、日本館に保管さました。50年先、100年先まで保存できるよう、材木は防腐、防虫、防蟻加工されており、完全な準備が整えられました。今回はシロアリ被害によって腐食された館内の柱や小屋組の補修補強が実施されます。

修復工事では岐阜県産の木材であるヒノキを使用される上、同県からは100万円の助成金が出されました。中島社長は「県から助成金が出ることは稀なこと」と語っていますが、これは県産材をブラジルや世界に普及する活動としての大きな期待が寄せられている証でもあります。

todos2

ブラジルにおける日本文化の象徴、また両国の友好関係を表す建築物の保存に携わってきた中島氏には、今回の修復工事に対し特別な思いがあります。

中島社長は、「日本館を保存してきて、やっと4回目にして他機関の協力と支援を得られました。保存に目を向けてくれたことは大変ありがたく、伝統ある建築物の存在意義が浸透していることはとても重要なこと」と語りました。

 

todos4岐阜県出身の建築家・堀口捨己氏が設計し、日本とブラジルの両国間で長年支えてきた文化財は、中島社長が率いる6人の職人たちによる技とプロの姿勢により、未来永劫保存のため新しい魂が注がれます。

 

今回の修復工事に選出された宮大工、松下智廣棟梁、田口保則棟梁、袈裟丸幸雄棟梁の3名に加え、若手宮大工である原正成氏、宗定直哉氏、そして早川大貴氏の6名が修復工事に臨みます。工事全体を指揮する松下棟梁は2回目の来伯となります。工事期間は3週間(土曜を含む)で、完了後はご褒美として、アマゾン観光に大工たちを連れて行くと中島代表は話しました。

matsushita松下棟梁は、「再度、イビラプエラ公園日本館の修復に携わることができ、とても嬉しく思います。皆様の期待にこたえられるよう最大限に力を発揮したい」と語り、文協に声を掛けてもらったことに対しても感謝を述べました。

 

 

todos5「これまで日本全国を駆け巡り仕事をこなしてきた」と語る田口棟梁。今回が初の海外といいます。ブラジルについて多くをイメージしていたが、実際に来てみて、まったく違う印象を受けたそうです。「母国の要人が訪れる建築物の保存に携わることを、とても誇り思う」とも語りました。袈裟丸棟梁は、ブラジルについて「サンバ」「カーニバル」「サッカー」というテレビのイメージ通りと語りましたが、到着後には「とても綺麗な国」という印象を語りました。

 

hara「修復工事に選出されたこと」、「歴史ある建築物の保存に携わることが大きな名誉であること」「感謝しかない」と語った原氏。修復工事に関しては「精一杯自分の仕事を全うしたい」と強く抱負を述べました。

 

munesada

 

宮大工の中では最年少の宗定氏。彼もまた初の海外となります。ブラジルに来れたことも良い経験になるとを語った上で、「この機会に、棟梁たちから多くの技術を教わり、成長したい」と意気込みました。

 

 

hayakawa父親が中島工務店に古くから働いてるという早川氏。父の背中を見て、大工を志したといいます。ブラジルについて、「みんなが陽気、笑顔がたえず、優しい」と印象を語りました。これまで海外の経験はなく、飛行機の搭乗も初めてだったそうです。今回の経験がこれからに活きると語り、中島工務店と文協に対して感謝を述べました。

 

 

todos中島代表は、「今回の新たな修復工事に着手できることに大きな満足をしている」と語り、伝統と歴史を誇る日本館の保存のため、6名の宮大工と共に挑む機会に恵まれたことを嬉しい」と力強い言葉で会見を締めました。

 

ニュース

CIATE コラボラドーレス会議 12月3、4日

在サンパウロ国外就労者情報援護センター(CIATE)主催 文協ネットワークプロジェクト委員会後援 国際シンポジウム開催のお知らせ CIATEでは、毎年、日本及びブラジルの当局者や、日本での就労・教育に携わる方を招いて日系ブラジル人の日本での就労に関するシンポジウムを開催しています。2021年度のシンポジウムは、「コロナ禍における在日ブラジル人の挑戦と2022年に向けた展望」というテーマのもと、12月3日(金)午後8時から、及び12月4日(土)の午前8時から、2回に渡って行われます。 本年のシンポジウムはCIATEのYouTubeチャンネルを通してのオンライン開催となります。(事前登録等は不要)ぜひご参加ください。 12月3日(金)午後8時~https://youtu.be/PZw2dDzRDig (ポルトガル語)

続き

報告:第50回山本喜誉司賞授賞式

去る11月5日、文協ビル貴賓室において、農業分野における日系人功労者に対して贈られる「第50回山本喜誉司賞表彰式」が行われました。新型コロナウイルス感染症拡大防止策のプロトコルに従い、今回は入場者の人数を制限しての開催となりました。3名の受賞者には、表彰状と花束に加え、石川レナト文協会長より、自身が経営するファゼンダ・アリアンサのコーヒーメーカーが贈呈されました。表彰式の後は会場をテーヒオに移し乾杯、夕食会へと続きました。 なお3名の受賞者は以下の通りです。 おめでとうございます! 岸本 晟 氏

続き

オンラインライブ「“Arigatô Mogi”」11月27日(土)8h~

モジ・ダス・クルーゼス文化協会主催オンラインライブ「“Arigatô Mogi”」11月27日(土)8h~ 平田ジョーエのプロデュース、ヤマイ・ケンジの演出にて、日本の歌謡曲やダンスのショーをオンラインにて開催します! 日本からは歌手のマルシアとエドアルドが参加!! どうぞお楽しみに!!!

続き

通常運営時間再開のお知らせ 8月26日~

サンパウロ州政府が策定した経済活動再開計画(Plano Sao Paulo)に基づき 、文協の各機関はCOVID-19感染防止策を徹底した上で、下記の通り8月26日から通常業務時間にて運営を再開致します。 •

続き

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *