にっけい文学賞と短編(コント)コンクールへの応募開始

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin

Image courtesy of Master isolated images / FreeDigitalPhotos.net文協にっけい文芸委員会のポルトガル語部門は「文協文学賞」と「第2回文協短編(コント)コンクール」への応募を開始しました。応募は無料です。

文協文学賞

文協にっけい文芸委員会によって開催されるこの伝統的な賞は、日本語もしくはポルトガル語で近年出版された作品を表彰することを目的としています。

今年、ポルトガル部門は、2012年から2013年の間に編集された俳諧(主に江戸時代に栄えた日本起源の詩的な形で、正遊戯性を高めた集団文芸)のもっともよい出版物を表彰します。

興味のある人は2014年8月31日までに、応募用紙を3つの作品とともに文協事務局へお持ちください。(複写のもの、また手書きでないものは受け入れられません)

全規定を参照し、文協文学賞の応募用紙をダウンロードしてください – ポルトガル語

送り先住所:
Sociedade Brasileira de Cultura Japonesa e de Assistência Social – Bunkyo
Comissão de Atividades Literárias – Seção de Língua Portuguesa
Rua São Joaquim, 381 – Liberdade – 01508-001 – São Paulo – SP
問い合わせ: (11) 3208-1755

 

第2回文協短編(コント)コンクール

国内各地や海外から184の応募が寄せられた結果、第1回文協短編コンクールは大成功に終わり、文協にっけい文芸委員会ポルトガル語部門は第2回短編コンクールを組織しています。

2014年は、「ブラジル文化と日本文化の出会い」という幻想的なジャンルが、短編のテーマとなっています。コンクールはフィクションであるため、応募者は設けられたテーマに沿っているなら、創造力や空想力を自由に、思う存分働かせて作品作りに励むことができます。

参加するにあたって、各応募者は、マスコミには未発表である自分自身で作った短編を二つまで提出することができます。 文章はスペースをカウントして最大12000タッチで、いかなる方法においても著者を特定するものを含めるべきではありません。

短編は物語のタイトルによって名前を付け、別々のファイルにしておき、2014年8月31日18時までに応募用紙とともにconcurso@bunkyo.org.brへ送信してください。

このコンクールにおいて上位3人に入賞した人には、規則に基づいて、2000レアル、1500レアル、1000レアルの賞金が贈られます。

– 全規定を参照し、第2回文協短編コンクールの応募用紙をダウンロードしてください –

第一回はサンパウロ州など国内各地、ポルトガル、埼玉県から計184点もの作品が集まりました。応募者8割が非日系だったということで、日本移民の歴史は文学の力で浸透しており、それはすばらしいことです。文芸賞の開催は、ここブラジルにおいて文学活動の発展の一端を担うことが期待されています。みなさんも是非、文学の世界に挑戦してみるのはいかがでしょうか!

ニュース

ハローキティと仲間たち&日本館のスペシャルコラボ!(12月,1月の2か月間/12月4,5日は特別イベントあり)

2021年12月と2022年1月の2か月間、イビラプエラ公園内にある日本館では、日本が世界に誇る(株)サンリオが提供するハローキティとその仲間たちが、皆様をお待ちしています。 12月4日(土)、5(日)はハローキティ(着ぐるみ)が登場します! 当日、日本館めぐりのためにお渡しするパスポートに、指定したポイントごとに用意したかわいいスタンプを押しながら、日本館やその歴史に触れて頂けるよう工夫しています。全ポイントのスタンプを押すことができた場合、最後に特別なカードもお渡ししています。 なお、このイベントのキューレターであるタカヤ・アギタ氏は、今回の日本館とサンリオ社のコラボレーション企画の実現には、両者の仲介を果したTasa Eventos社のディレクターである佐藤・セルジオ・タカオ氏によるところが大きいと話しています。

続き

CIATE コラボラドーレス会議 12月3、4日

在サンパウロ国外就労者情報援護センター(CIATE)主催 文協ネットワークプロジェクト委員会後援 国際シンポジウム開催のお知らせ CIATEでは、毎年、日本及びブラジルの当局者や、日本での就労・教育に携わる方を招いて日系ブラジル人の日本での就労に関するシンポジウムを開催しています。2021年度のシンポジウムは、「コロナ禍における在日ブラジル人の挑戦と2022年に向けた展望」というテーマのもと、12月3日(金)午後8時から、及び12月4日(土)の午前8時から、2回に渡って行われます。 本年のシンポジウムはCIATEのYouTubeチャンネルを通してのオンライン開催となります。(事前登録等は不要)ぜひご参加ください。 12月3日(金)午後8時~https://youtu.be/PZw2dDzRDig (ポルトガル語)

続き

報告:第50回山本喜誉司賞授賞式

去る11月5日、文協ビル貴賓室において、農業分野における日系人功労者に対して贈られる「第50回山本喜誉司賞表彰式」が行われました。新型コロナウイルス感染症拡大防止策のプロトコルに従い、今回は入場者の人数を制限しての開催となりました。3名の受賞者には、表彰状と花束に加え、石川レナト文協会長より、自身が経営するファゼンダ・アリアンサのコーヒーメーカーが贈呈されました。表彰式の後は会場をテーヒオに移し乾杯、夕食会へと続きました。 なお3名の受賞者は以下の通りです。 おめでとうございます! 岸本 晟 氏

続き

オンラインライブ「“Arigatô Mogi”」11月27日(土)8h~

モジ・ダス・クルーゼス文化協会主催オンラインライブ「“Arigatô Mogi”」11月27日(土)8h~ 平田ジョーエのプロデュース、ヤマイ・ケンジの演出にて、日本の歌謡曲やダンスのショーをオンラインにて開催します! 日本からは歌手のマルシアとエドアルドが参加!! どうぞお楽しみに!!!

続き

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *