作品募集のお知らせ – 第50回にっけい文芸賞

にっけい文芸賞とは

記:2020年3月18日

文協はブラジル日系人の文学を奨励し、その普及と向上を図ることを目的として、1968年に「にっけい文芸委員会」を設立しました。それ以来 毎年、その前年度にブラジル日系人が出版した文芸作品の中から候補作品を選出、選考委員によって選んだ優秀作品に賞を贈る活動を行っており、それが「にっけい文芸賞」です。

募集要項

第50回目を記念し日系人以外の方でも応募可能に

本年、第50回目※を迎えた同賞を記念し、それまでブラジル日系人の作品のみを対象とした「にっけい文芸賞」の枠を広げて、 日伯に関連する文芸作品であれば誰でも応募が可能となりました。
(※1972年と78年は該当作品が無く開催されなかったため、本年が第50回目となります。)

募集要項

【募集内容】日伯に関連する文芸作品。自分史、記念誌や同人誌なども可
【応募規定】2019年8月1日から2020年7月31日までに刊行された日本語著作物             (電子出版やPDF版、インターネットで発表された文章でも可)
【    賞   】現地通貨 500レアル~
【応募資格】不問
【 締 切り 】2020年7月31日(当日消印有効)
【 発 表 】2020年10月頃
【 宛 先 】郵送の場合:
  Sociedade Brasileira de Cultura Japonesa e de Assistência Social
       CNPJ:61.511.127/0001-60
     R. São Joaquim, 381 – Liberdade, São Paulo – SP– BRASIL
      CEP:01508-900
 メールに添付の場合:  site@bunkyo.org.br  (担当 海老澤千佳)
   電 話:+55(11)3208-1755
 ※郵送された場合は、念のため発送日と追跡番号をメールにてご連絡ください

ニュース

第13回文協全伯俳句大会(8月21日)のご案内 〈兼題投句〆切は6月30日〉

主催:文協にっけい文芸委員会 俳句部門 俳句委員会 5月に入り寒冷前線の冬期到来が予想せれておりますが、俳句愛好者の皆様如何お過ごしでいらっしゃいますか。コロナ禍の影響で二年間俳句大会を中断しておりましたが、三年振りに大会開催の運びとなりました。今回は日伯交流のため、日本より選者を一人お願いしております。皆様こぞって投句、大会参加をお待ち申し上げております。   第13回 全伯俳句大会 日 時:2022年8月21日(日)午前8時より受付開始場 所:文協ビル1階会議室参加費:お一人様 50レアル兼 題:兼題「冬季一切」    席題「春季一切」(当日テーマを出す)〆 切:6月30日必着 (選者〆切は7月31日)投句方法:各自文協宛に投句

続き

文協国士舘公園「未来への桜プロジェクト」第2弾  受付中!

ブラジル独立200周年記念 文協国士舘公園 未来への桜プロジェクト第2弾 4月3日(日)の朝、サンロッケ市の文協国士舘公園に関係者ら約30名が集まり、「未来への桜プロジェクト第2弾」の立ち上げ式が行われました。儀典担当理事の福原カルロス氏が司会進行したこの立ち上げ式には、石川レナト会長をはじめ、山下譲二評議員会会長、副会長の西尾 ロベルト 義弘、佐々木

続き

農業分野の日系人功労者を顕彰する「第51回山本喜誉司賞」推薦受付開始 申請〆切:6月3日

推薦締め切り:2022年6月3日 山本喜誉司賞とは この賞名の由来となった山本喜誉司氏は、コーヒー栽培の害虫駆除に有効なウガンダ蜂の研究で、ブラジル日系社会はもとよりブラジルにおける農業の分野で多大なる貢献を成し、母校東京大学から農学博士を授与された方です。 また同氏は文協創設者の一人であり、初代会長としてブラジル日系社会をまとめた人物でもありました。 そんな山本氏が何より熱意を傾けていたのが、農業分野における日系人後継者の育成でした。

続き

「永遠にありがとう」訃報 池崎 博文 氏

「いまどきの若者は何の関心も示さない」彼はニッケイパレスホテルのレストランの横のテーブルに腰掛け、苦い口調でこう言いました。 このセリフは、このホテルのオーナーである池崎博文さん(94歳)から発せられたものでした。 これは、サンパウロ市のカーニバルに出演するためのサンバグループ「Brinco da Marquesa

続き